ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 県民生活・環境部 環境企画課 > ツキノワグマによる人身被害を防ぐために(8月7日更新)

本文

ツキノワグマによる人身被害を防ぐために(8月7日更新)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0047695 更新日:2020年8月7日更新

 山や海に囲まれた自然豊かな新潟県には、様々な野生の動物が生息しています。
 その中でも最大のほ乳類である「ツキノワグマ」は、新潟県の自然の豊かさの象徴でもあります。
 ツキノワグマは、本来、おとなしく人間と距離をとって生活していますが、近年、登山、山菜やキノコ採取などで入山者が増え、人身被害が発生しています。
 ツキノワグマについての理解を深め、人身被害を防止しましょう。

 ツキノワグマによる人身被害を防ぐために(3月15日更新)の画像

ツキノワグマによる人身被害を未然に防止するため、注意を呼びかけます。

春から秋にかけては、ツキノワグマが活発に行動する時期となります。
県では山菜採りや登山などで山に入る機会が多くなる時期を迎え、人身被害の未然防止のため、市町村や関係機関と連携して十分な注意と備えを呼びかけています。

〈本年の状況〉

今秋のブナ等の堅果類は不作と予想されます。
ツキノワグマが人里に出没する可能性が高いので注意を呼びかけます。

令和2年度堅果類の豊凶状況調査結果(速報値)

クマによる人身被害防止のポイント

 〇入山時は、ラジオや鈴などの音の鳴るものを携行し、単独行動は避けましょう。
 〇クマの活動が活発な早朝や夕方の入山は避けましょう。
 〇クマの餌となる生ゴミや不要となった果実や農作物等は適切に処分しましょう。
 〇子グマを見かけても、決して近づかないでください。近くには母グマがいると考えられ、大変危険です。
 〇集落周辺や河川敷などのクマが隠れそうな藪は刈り払いましょう。

県内で発生した人身被害の特徴

山菜・キノコ採り、農業・森林内作業などで、高齢者の単独行動中の被害が多くを占めています


【時期別目撃数の推移と人身被害発生状況】

時期別目撃数の推移と人身事故発生状況のグラフ

 

報道発表資料 [PDFファイル/164KB]
注意喚起チラシ(A市町村活用版)[PDFファイル/221KB]
注意喚起チラシ(B県版)[PDFファイル/1.36MB]

新潟県内のツキノワグマ目撃情報

【注目!最新の出没状況はこちら!】 にいがたクマ出没マップ <外部リンク>

   にいがたクマ出没マップ

最新の目撃情報(一覧表) [PDFファイル/213KB]

参考

関連情報

 

環境にいがたの画像

このページはリンク自由です

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ