ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
パンくず トップページ > 組織でさがす > 福祉保健部 医務薬事課 > 令和2年1月1日以降の麻薬取扱者の免許申請等について

本文

令和2年1月1日以降の麻薬取扱者の免許申請等について

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0192950 更新日:2019年8月19日更新

令和2年1月1日以降の麻薬取扱者の免許申請等について

令和元年12月31日で免許が失効する麻薬取扱者(麻薬卸売業者、麻薬小売業者、麻薬施用者、麻薬管理者及び麻薬研究者)について、引き続き免許を必要とする場合は免許申請、免許を必要としない場合は免許証の返納の手続が必要となります。  以下の事項を確認いただき、適切に手続を行ってください。

1 免許申請該当者

令和元年12月31日で免許が失効する者で、かつ、令和2年1月1日以降も引き続き免許を必要とす る者

(1) 提出書類
(2) 提出部数及び提出先
    正本1部及び副本1部を業務所の所在地を所管する保健所に提出すること。
(3) 提出期限
    令和元年10月15日(火)
(4) 申請手数料
    次の表の免許種別の区分に応じ、それぞれ所定の手数料を新潟県収入証紙により納めること。証紙は、申請書正本のみに貼り付け、申請者自ら消印しないこと。
 
  免許種別 手数料
麻薬卸売業者 15,300円
麻薬小売業者 4,700円
麻薬施用者・麻薬管理者 4,600円
麻薬研究者 5,500円

 

(5) 免許証の返納について
    令和元年12月31日で失効する免許証は、令和2年1月15日(水)までに業務所の所在地を所管する保健所に返納すること。
(6) その他
  ア 当該免許申請は、申請前の免許証の記載内容に変更がないことを前提として新免許証を交付するものであること。従って、免許証の記載内容に変更が生じている場合は、必ず記載事項変更の手続を行ってから申請すること。
  イ 申請書提出後、記載事項に変更が生じた場合には、速やかに業務所の所在地を所管する保健所宛にその旨を連絡すること。

2 免許証返納該当者

令和元年12月31日で免許が失効する者で、かつ、令和2年1月1日以降免許を必要としない者
(1) 提出書類
  ア 麻薬(卸売業・小売業・施用・管理・研究)者免許証返納届(別紙様式8)
  イ 免許証
  ウ 残余麻薬所有届(別紙様式9)
    ※ 麻薬業務を廃止する麻薬業務所の開設者は、所有する麻薬の有無に関わらず提出すること。
  エ 免許失効等に伴う麻薬譲渡届(別紙様式10)
    ※ 麻薬業務を廃止する麻薬業務所の開設者のうち、所有する麻薬を譲り渡した場合のみ提出すること。
(2) 提出部数及び提出先
   免許申請該当者に同じ
(3) 提出期限
   上記(1)のア、イ及びウ  令和2年1月15日(水)
   上記(1)のエ         譲渡の日から15日以内

関係様式

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ