ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > しごと・産業 > 農林水産業 > 【糸魚川】~「釜沢用水」現地見学会 2019~

本文

【糸魚川】~「釜沢用水」現地見学会 2019~

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0180979 更新日:2019年8月3日更新

西海小学校4年生による釜沢用水の現地見学会

【見学会の目的】
 ・釜沢用水を開削した先人の願いや努力を知るとともに、現代までその用水を守り抜いて来た人々の苦労を学びます。
 ・農業農村の持つ多様な役割(多面的機能)について理解を深めます。
 ・ふるさとの自然や文化に親しむ体験を通して、郷土への愛着を深めます。 元気に現地見学を行ない、全員で写真撮影 元気に現地見学を行ないました

朝の挨拶と見学会の説明

学校で朝の挨拶と見学会について説明を聞きました

【日時】令和元年6月17日月曜日9時00分~
【場所】糸魚川市粟倉地区
【参加者】西海小学校4年生15名、校長、担任教諭
     ふるさと水と土指導員、用水委員5名
     糸魚川市1名、糸魚川市土地改良区1名
糸魚川地域振興局2名

学校で朝の挨拶と見学会について説明を聞きました

現地見学会の開始

バスに乗って用水の麓の粟倉集落まで移動しました

バスに乗って用水の麓の粟倉集落まで移動しました

 

集落からは釜沢用水まで急な坂道を歩いて登りました

集落からは釜沢用水まで急な坂道を歩いて登りました

 

釜沢用水についてふるさと水と土指導員から説明を聞きました

釜沢用水についてふるさと水と土指導員から説明を聞きました

梅花藻の保護用水とトウスル沢

梅花藻を保護している用水で花が咲いているのを見学しました

梅花藻を保護している用水で花が咲いているのを見学しました

 

梅花藻の花が咲いていました

梅花藻の花が咲いていました

釜沢用水に取水しているトウスル沢と不動川の取水口

トウスル沢の堰堤の中を水路が通っていると説明を聞きました

トウスル沢の堰堤の中を水路が通っていると説明を聞きました

 

不動川に行く最後の急な坂を上りました

不動川に行く最後の急な坂を上りました

 

丸太で作った梯子を上って取水口に行きました

丸太で作った梯子を上って取水口に行きました

 

不動川の取入口で説明を聞きました

不動川の取入口で説明を聞きました

真光寺用水と大和川用水の分岐

釜沢用水が真光寺用水と大和川用水に分かれる分水工を見学しました

釜沢用水が真光寺用水と大和川用水に分かれる分水工を見学しました

 

用水を2つの集落で分けるための苦労について説明を聞きました

用水を2つの集落で分けるための苦労について説明を聞きました

見学会が終わって

見学会が終わり学校に到着しました

参加児童からは
 ・山の奥から水を取っていてびっくりした。
 ・水が冷たくて綺麗だった。
 ・坂道が急で大変だった、などの感想をもらいました。
自分の住む地域に流れる用水の水がどこから来るのか、先人の苦労や歴史を学習して、地域に関心を持ってもらえる機会になったら嬉しいです。
  
 

見学会が終わり学校に到着しました

◇このページに関するお問い合わせは 糸魚川地域振興局農林振興部
〒  941-0052  糸魚川市南押上1-15-1 
電話:  025-552-1787  ファクシミリ: 025-553-0860 
電子メール:  ngt112040@pref.niigata.lg.jp 
このページに関するお問い合わせは<外部リンク>
このページの先頭へ

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ