ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
パンくず トップページ > 組織でさがす > 福祉保健部 保健環境科学研究所 > 【保環研】 平成26~29年度に学会誌等に掲載された調査・研究

本文

【保環研】 平成26~29年度に学会誌等に掲載された調査・研究

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0044730 更新日:2019年3月29日更新

研究所ホームへ

学会・学会誌等での発表へ

平成29年度に学会誌等に掲載された調査・研究

表題 雑誌名 著者名
第5次酸性雨全国調査報告書(平成27年度) 全国環境研会誌、42(3),2-45(2017). [全国環境研協議会 酸性雨広域大気汚染調査研究部会]堀江洋佑、岩崎綾、友寄喜貴、藤田大介、河野明大、西山亨、久恒邦裕、木戸瑞佳、濱村研吾、山添良太、松本利恵、多田敬子、山口高志、横山新紀、家合浩明、甲斐勇、濱野晃、吉田芙美香
<特集>騒音小委員会共同研究 航空機騒音に係る新環境基準の測定評価等に関する研究報告書 全国環境研会誌、42(4),2-28(2017). [全国環境研協議会企画部会 騒音小委員会]藤原衛、菊池英男、石橋雅之
Chemical Characteristics and Source Apportionment of PM2.5 and Long-Range Transport from Northeast Asia Continent to Niigata in Eastern Japan Aerosol and Air Quality Research, 18(4), 938-956(2017). Ping Li1,2), Keiichi Sato3), Hideo Hasegawa1), Minqun Huo3), Hiroaki Minoura3), Yayoi Inomata3), Naoko Take, Akie Yuba3), Mari Futami3), Tsukasa Takahashi3), Yuka Kotake3)
1)Graduate School of Science and Technology, Niigata University, 2)College of Chemistry and Chemical Engineering Qiqihaer University, 3)Asia Center for Pollution Research
阿賀野川で発生した異臭事案とその原因物質について 環境化学、27(2),29-34(2017). 赤石智美、村山等、松谷亮、髙橋司、庭野健太、旗本尚樹
新潟県内の河川水中農薬濃度の年間変動 環境化学、27(4),83-192(2017). 髙橋みや子、茨木剛、小澤秋男、髙橋司、旗本尚樹、村山等

平成28年度に学会誌等に掲載された調査・研究

表題 雑誌名 著者名
酸性雨 環境年表、平成29-30年/第5冊、109-134、国立天文台編、丸善出版(2017). 大泉毅、村野健太郎1)、堀江洋佑2)、岩崎綾3)
1)法政大学、2)兵庫県環境研究センター、3)沖縄県衛生環境研究所
Long-term assessment of nitrogen deposition at remote EANET sites in Japan Atmospheric Environment, 146, 70-78 (2016). S.Ban1),2), K.Matsuda1), K.Sato3), and T.Ohizumi
1)United Graduate School of Agricultural Science, Tokyo University of Agriculture and Technology, 2)Japan
Environmental Sanitation Center, 3)Asia Center for Air Pollution Research
Long-term variation of the source of sulfate deposition in a leeward area of Asian continent in view of sulfur
isotopic composition
Atmospheric Environment, 140, 42-51 (2016). T.Ohizumi, N.Take, Y.Inomata1), H.Yagoh, T.Endo, M.Takahashi, K.Yanahara, M.Kusakabe2)
1)Asia Center for Air Pollution Research, 2)University of Toyama
Accurate and precise quantification of atmospheric nitrate in streams draining land of various uses by using triple oxygen isotopes as tracers Biogeosciences, 13, 3441-3459 (2016). U.Tsunogai1), T.Miyauchi1), T.Ohyama1), D. D.Komatsu1), F.Nakagawa1), T.Obata2), K.Sato3), T.Ohizumi
1)Graduate School of Environmental Studies, Nagoya University, 2)Faculty of Bioresources, Mie University, 3)Asia Center for Air Pollution Research
Characteristics of carbonaceous components in precipitation and atmospheric particle at Japanese sites Atmospheric Environment, 146, 164-173 (2016). M.Q.Huo1), K.Sato1), T.Ohizumi, H.Akimoto2), K.Takahashi3)
1)Asia Center for Air Pollution Research, 2)National Institute for Environmental Studies, 3)Japan Environmental Sanitation Center
Long range transport of air pollutants (trace gases) related with meteorological process in Asia (subregion) EANET Science Bulletin, 4, 43-57 (2016). Oyunchimeg Dugerjav1), Keiichi Sato2), Tsuyoshi Ohizumi
1)Institute of Meteorology Hydrology and Environment, Mongolia, 2)Asia Center for Air Pollution Research
Progress repost on Joint Research Project with Japan, Thailand and Malaysia on catchment analysis EANET Science Bulletin, 4, 151-157 (2016). Hiroyuki Sase1), Tsuyoshi Ohizumi, Naoyuki Yamashita1), Thiti Visaratana2), Bopit Kietvuttinon2), Hathairatana Garivait3), Nik Muhamad Majid4)
1)Asia Center for Air Pollution Research, 2)Royal Forest Department, Thailand, 3)Environmental Research and Training Center, Thailand, 4)University Putra Malaysia
Long-Term Dynamics of Ozone in Surface Atmosphere at Remote Mountain, Rural and Urban Sites of South-East Siberia, Russia Access Library Journal, 3: e2578. (2016). Olga Khuriganova1), Vladimir Obolkin1), Hajime Akimoto2), Tsuyoshi Ohizumi, Tamara Khodzher1), Vladimir Potemkin1), Liudmila Golobokova1)
1)Limnological Institute, Siberian Branch of Russian Academy of Sciences, Irkutsk, Russia, 2)Asia Centre for Air Pollution Research, Niigata, Japan
オープンソースWebGIS 技術を用いた情報提供システムの開発 季刊全国環境研会誌、42(1)37-41(2017). 植田信夫、岩城文太、吉崎大理、石山豊1)
1)廃棄物対策課
Pseudomonas fluorescens によるかまぼこの青色変敗事例 日本食品微生物学会雑誌、34(1) 32-35(2017). 川瀬雅雄、猪又明日香、木村有紀、白幡祐子、紫竹美和子
Kudoa hexapunctata が原因と疑われる有症事例の発生-新潟県 病原微生物検出情報、37,238(2016). 川瀬雅雄、猪又明日香、木村有紀、白幡祐子、紫竹美和子、岡田涼1)、安齋久恵1)
1)生活衛生課
Seropositivity and epidemiology of human parechovirus types 1, 3, and 6 in Japan Epidemiology and Infection、144,3451-3460(2016). K.Watanabe1)、C.Hirokawa、T.Tazawa
1)Division of Laboratory Science、Niigata University Graduate School of Health Sciences
第5次酸性雨全国調査報告書(平成26年度) 全国環境研会誌、41(3),2-37(2016). [全国環境研協議会酸性雨広域大気汚染調査研究部会]堀江洋佑、岩崎綾、友寄喜貴、木戸瑞佳、山口高志、多田敬子、川下博之、河野明大、濱村研吾、山添良太、松本利恵、横山新紀、野口泉、家合浩明、甲斐勇、濱野晃、吉田芙美香

平成27年度に学会誌等に掲載された調査・研究

表題 雑誌名 著者名
酸性雨 環境年表平成27-28年/第4冊、114、国立天文台編、丸善出版(2015). 大泉毅、村野健太郎(法政大学)、堀江洋佑(兵庫県環境研究センター)、岩崎綾(沖縄県衛生環境研究所)
Transboundary transport of anthropogenic sulfur in PM2.5 at a coastal site in the Sea of Japan as studied by sulfur isotopic ratio measurement Science of the Total Environment, 553, 617(2016). Yayoi Inomata (Asia Center for Air Pollution Research;ACAP), Tsuyoshi Ohizumi, Naoko Take (ACAP), Keiichi Sato (ACAP), Masataka Nishikawa (Tokyo University of Science)
新潟県内の家庭由来二酸化炭素の排出削減可能量のアンケートにもとづく検討 人間と環境、41(3)、15(2015). 岩城文太、石山豊、山下研
アセトニトリル/n-ヘキサン分配および固相抽出精製を用いたGC-MSによる畜水産物中の農薬一斉分析法の検討 食品衛生学雑誌、56(3)、77(2015). 吉崎麻友子、小林ゆかり、清水正法、丸山浩一
第5次酸性雨全国調査報告書(平成25年度) 全国環境研会誌、40(3)、2-46(2015). [全国環境研協議会酸性雨広域大気汚染調査研究部会]堀江洋佑、岩崎綾、濱村研吾、木戸瑞佳、遠藤朋美、山口高志、高嶋司、菊谷有希、川本長雄、福田裕、松本利恵、横山新紀、北村洋子、野口泉、家合浩明、三浦誓也、葛西正毅、松倉祐介

平成26年度に学会誌等に掲載された調査・研究

表題 雑誌名 著者名
Kudoa hexapunctata 寄生メジマグロが原因と疑われる有症事例と患者便検査に関する検討 日本食品微生物学会雑誌、32,48(2015). 川瀬雅雄*1・吉岡丹*2・細谷美佳子*1・紫竹美和子*1
*1新潟県保健環境科学研究所、*2新潟県上越保健所
黄色ブドウ球菌に汚染された錦糸たまごが関連した食中毒事例 厚労科研「病原体解析手法の高度化による効率的な食品由来感染症探知システムの構築に関する研究」、平成26年度総括・研究分担報告書 新潟県保健環境科学研究所
川瀬雅雄、猪又明日香、木村有紀、細谷美佳子、紫竹美和子
新潟県新発田保健所
榎田瑞恵、今野遥子、村山晶子、昆美也子
インフルエンザのパンデミックに備えて地方衛生研究所の立場から―新潟県のインフルエンザ等検出体制―第695回新潟医学会 新潟医学会雑誌、619,128(2014). 田村務
第5次酸性雨全国調査報告書(平成24年度) 全国環境研会誌、39(3),2-48(2014). [全国環境研協議会酸性雨広域大気汚染調査研究部会]
堀江洋佑、岩崎綾、木戸瑞佳、遠藤朋美、山口高志、高嶋司、菊谷有希、川本長雄、濱村研吾、福田裕、松本利恵、横山新紀、北村洋子、野口泉、家合浩明、米谷康治、野澤直史、松倉祐介


このページはリンク自由です

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ