ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
パンくず トップページ > 組織でさがす > 福祉保健部 保健環境科学研究所 > 【保環研】 平成21年度~25年度に学会誌等に掲載された調査・研究

本文

【保環研】 平成21年度~25年度に学会誌等に掲載された調査・研究

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0044604 更新日:2019年3月29日更新

研究所ホームへ

学会・学会誌等での発表へ

平成25年度に学会誌等に掲載された調査・研究

表題 雑誌名 著者名
保育園で発生した腸管出血性大腸菌O103とO111の集団感染事例-新潟県 病原微生物検出情報、34,135(2013).

細谷美佳子、川瀬雅雄、野崎俊江1)、昆美也子2)、加藤美和子2)

1)新潟県新津保健所、2)新潟県新発田保健所

新潟県の感染症サーベイランスにおけるロタウイルスの検出状況、2011~2013年 病原微生物検出情報、35,70(2014).

田村務、加藤美和子、広川智香、田澤崇、渡部香、
原こども医院院長 原錬太郎、
新潟大学医歯学総合病院小児科助教 大石智洋

特集2013年 感染症の流行と新展開
2.感染症トピックス4)ウイルス(5)ノロウイルス
Medical Technology,41,1286(2013). 田村務
第5次酸性雨全国調査報告書(平成23年度) 全国環境研会誌、38(3),2-44(2013).

[全国環境研協議会 酸性雨広域大気汚染調査研究部会]
堀江洋佑、野口泉、西山亨、岩崎綾、木戸瑞佳、中村雅和、遠藤朋美、松本利恵、山口高志、北村洋子、横山新紀、家合浩明、山水敏明、松倉祐介、大場和生、田部貴大、濱村研吾、小塚義昭、竹内淨、財原宏一

平成24年度に学会誌等に掲載された調査・研究

表題 雑誌名 著者名
新潟県における新型インフルエンザ流行期とその前後の呼吸器ウイルス検出状況 医学検査、61,548(2012). 昆美也子、渡部香、田澤崇、広川智香、渡邉香奈子
Detection of Human Coronavirus NL63 and OC43 in Children with Acute Respiratory Infections in Niigata, Japan, between 2010 and 2011 Japanese Journal of Infectious Diseases,65,270(2012).

Miyako Kon, Kaori Watanabe, Takashi Tazawa,
Kanako Watanabe, Tsutomu Tamura,
Hiroyuki Tsukagoshi1), Masahiro Noda2),
Hirokazu Kimura2) and Katsumi Mizuta3)
1)Gunma Prefectural Institute of Public Health and Environmental Sciences
2)Infectious Disease Surveillance Center, National Institute of Infectious Diseases
3)Yamagata Prefectural Institute of Public Health

ノロウイルスGII/4の新しい変異株の遺伝子解析と全国における検出状況 病原微生物検出情報、33,333(2012).

田村務、渡邉香奈子、田澤崇、渡部香、広川智香、吉澄志磨1)、横井一2)、森功次3)、入谷展弘4)、藤井慶樹5)、木内郁代6)、加藤聖紀7)、仁平稔8)、野田衛9)

1)北海道立衛生研究所
2)千葉市環境保健研究所
3)東京都健康安全研究センター
4)大阪市立環境科学研究所
5)広島市衛生研究所
6)島根県保健環境科学研究所
7)大分県衛生環境研究センター
8)沖縄県衛生環境研究所
9)国立医薬品食品衛生研究所

平成23年度に学会誌等に掲載された調査・研究

表題 雑誌名 著者名
新潟県内温泉のホウ素濃度 季刊全国環境研会誌、36,72(2011). 植田信夫、吉武徹、反町潤1)、石山央存、大高敏裕
1)佐渡地域振興局健康福祉環境部
ヒトパレコウイルス 小児科診療、1367(2011) 渡邉香奈子、由田真奈美1)、藤井雅寛1)
 1)新潟大学大学院医歯学総合研究科ウイルス学分野
新潟県のA事業所で起きた風疹感染 病原微生物検出情報、32, 252(2011) 渡邉香奈子、田澤崇、渡部香、昆美也子、田村務、西脇京子1)、山崎理2)
 1)上越保健所、2)福祉保健部

平成22年度に学会誌等に掲載された調査・研究

表題 雑誌名 著者名
夏季におけるAH3亜型インフルエンザウイルス集団感染事例-新潟県 病原微生物検出情報、31,264-265(2010) 昆美也子、渡部香、田澤崇、渡邉香奈子、田村務、野崎俊江1)、風間茂1)
1)新潟県長岡保健所
夏季におけるAH3亜型インフルエンザウイルス集団感染事例-新潟県〔最終報告〕 病原微生物検出情報、31,325-326(2010) 昆美也子、渡部香、田澤崇、渡邉香奈子、田村務、齋藤玲子1)、鈴木康司1)
1)新潟大学大学院医歯学総合研究科
 国際感染医学講座公衆衛生学分野
新潟県の感染症サーベイランスにおけるロタウイルスの検出状況 -2005年~2010年- 病原微生物検出情報、32,73(2011) 田村務、渡邉香奈子、田澤崇、昆美也子、渡部香
Molecular epidemiological study of rotavirus and norovirus infections among children with acute
gastroenteritis in Nha Trang,Vietnam,during December 2005 -June 2006
Japanese Journal of Infectious Diseases,63,405-411(2010). Tsutomu Tamura1),3),Makoto Nishikawa1),3),
Dang Duc Anh2),Hiroshi Suzuki3)

1)Department Virology,Niigata Prefectural Institute of Public Health and Environmental Sciences,
2)National Institute for Hygiene and Epidemiology,Hanoi Vietnam,
3)Departmentof Public Health,Graduate School of Medical and Dental Sciences,Niigata University

北日本における亜硝酸ガス濃度と窒素酸化物由来成分の挙動 大気環境学会誌、45,153-165(2010). 野口泉1)、林健太郎2)、加藤拓紀1)、山口高志1)、秋山雅行1)、大塚英幸1)、酒井茂克1)、高木健太郎3)、深澤達矢4)、柴田英昭5)、藤沼康実6)、三枝信子7)、下鳥稔8)、遠藤朋美、家合浩明、松田和秀9)、角皆潤10)、原宏11)

1)北海道環境科学研究センター、
2)(独)農業環境技術研究所、
3)北海道大学北方生物圏フィールド科学センター天塩研究林、
4)北海道大学大学院工学研究科、
5)北海道大学北方生物圏フィールド科学センター森林圏ステーション北管理部、
6)鳥取環境大学研究・交流センター、
7)(独)国立環境研究所地球環境研究センター、
8)(財)上越環境科学センター、
9)明星大学理工学部環境システム学科、
10)北海道大学大学院理学研究院、
11)東京農工大学農学部付属フィールドサイエンスセンター

全国規模多地点における広域大気汚染物質観測 -全国環境研協議会酸性雨広域大気汚染調査研究部会の活動- 生物の科学「遺伝」、65,34-39(2011). 村野健太郎1)、大泉毅2)、武直子、友寄喜貴3)、山神真紀子4)、向井人史5)

1)法政大学生命科学、
2)酸性雨研究センター、
3)沖縄県衛生環境研究所、
4)名古屋市環境科学研究所、
5)(独)国立環境研究所地球環境研究センター

ポテンシャルオゾンを用いたOxの異常値スクリーニング方法の検討 大気環境学会誌、45,264-270(2011). 武直子、板野康之1)、山神真紀子2)、大原利眞3)

1)大阪市立環境科学研究所、
2)名古屋市環境科学研究所、
3)独立行政法人国立環境研究所

Regional characteristics of dry deposition of sulfur and nitrogen compounds at EANET sites in
Japan from 2003 to 2008
Atmospheric Environment,45,1259-1267(2011). Tomomi Endo,Hiroaki Yagoh,Keiichi Sato1),Kazuhide Matsuda2),Kentaro Hayashi3),Izumi Noguchi4),Kiyoshi Sawada5)

1)Asia Center for Air Pollution Research,
2)School of Sciences and Engineering,MeiseiUniversity,
3)Carbon and Nutrient Cycles Division,National Institute for Agro-Environmental Sciences,
4)Hokkaido Reseach Organization,Institute of Environmental Sciences,
5)Graduate School of Science and Technology,Niigata University

平成21年度に学会誌等に掲載された調査・研究

表題 雑誌名 著者名
ホテルで発生した腸管出血性大腸菌O157集団感染事例 -新潟県 病原微生物検出情報、30, 270-271(2009). 細谷美佳子、大澤満1)、白幡祐子2)、村山晶子3)、丸山智子4)、田邊純一5)
1)新潟県南魚沼保健所、
2)新潟県新発田保健所、
3)新潟県長岡保健所、
4)新潟県上越保健所、
5)新潟市衛生環境研究所
ホテルの食事を原因とするカンピロバクター食中毒事例の再現試験と再発防止の検討 -新潟県 病原微生物検出情報、31, 13-14(2010). 細谷美佳子、原智之1)、大関桂子2)、山本健次3)、佐藤博4)
1)新潟県三条保健所、
2)新潟県魚沼保健所、
3)新潟県佐渡保健所、
4)新潟県新発田食肉衛生検査センター
2009/10シーズン初のインフルエンザウイルスB型(Victoria系統)分離 -新潟県 病原微生物検出情報、31,53(2010). 昆美也子、渡部香、田沢崇、田村務、西川眞、原錬太郎1)
1)原こども医院


このページはリンク自由です

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ