ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
パンくず トップページ > 組織でさがす > 福祉保健部 保健環境科学研究所 > 平成16年度~20年度に学会誌等に掲載された調査・研究

本文

平成16年度~20年度に学会誌等に掲載された調査・研究

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0044589 更新日:2019年3月29日更新

研究所ホームへ

学会誌等での発表へ

平成20年度に学会誌等に掲載された調査・研究

表題 雑誌名 著者名
カンピロバクターを原因とする食中毒の再現試験と再発防止の検討 食品衛生研究、58,5(2008). 原智之1)、中山暁治1)、大関桂子2)、山本健次1)、佐藤博
1)新潟県佐渡地域振興局、2)新潟県新発田食肉衛生検査センター
Estimation of Focus Reduction Neutralization Test forMeasurement of Neutralizing Antibody Titer against
Japanese Encephalitis Virus
Jpn.J.Infect.Dis.,61,424-425(2008). Kanako Watanabe1), Chika Hirokawa, Miyako Kon,Tsutomu Tamura and Makoto Nishikawa
1)Health, Social Welfare and Environmental Administration Department, Nagaoka Regional Promotion Bureau
Human coronavirus 229E 近縁ウイルスの分離と同定について 病原微生物検出情報、29,282(2008). 広川智香、渡部香、昆美也子、田村務、西川眞、岩谷淳1)
1)佐渡市立両津病院
新しいインフルエンザウイルス抗原迅速診断薬クイックナビTM-Fluの検討 医学と薬学、60,323-334(2008). 齋藤玲子1), Yuan Qian2), Le Thi Quynh Mai3)、安部隆4)、伊藤崇4)、小野塚豊4)、清澤伸幸4)、小島崇嗣4)、後藤元継4)、佐藤勇4)、佐藤雅久4)、菅谷憲夫4)、中野徳4)、西川眞、西村秀一5)、原錬太郎4)、広川智香、藤枝俊之4)、松井忠孝4)、松永貞一4)、三田村敬子4)、山崎雅彦4)、鈴木宏1)
1)新潟大学大学院医歯学総合研究科国際感染医学講座、2)北京首都児科研究所、3)ベトナム国立衛生疫学研究所、4)開業医等、5)国立病院機構仙台医療センター
Long-Term Declining Trends in River Water pH in Central Japan Water, Air, and Soil Pollution, 200,253-265(2009). Hiroki Matsubara1), Shingo Morimoto2), Hiroyuki Sase1), Tsuyoshi Ohizumi, Hiroshi Sumida3), Makoto Nakata2), Hiromasa Ueda1)
1)Acid Deposition and Oxidant Research Center,2)Niigata University, 3)Gifu Prefectural Research Institute for Healthand Environmental Sciences
2003~2006年度の湿性沈着調査が示す越境大気汚染~全環研酸性雨全国調査結果より~ 大気環境学会誌、44,117-126(2009). 友寄善貴1)、野口泉2)、大泉毅、北村洋子3)、中川史代4)、溝口俊明5)、村野健太郎6)、向井人史7)
1)沖縄県衛生環境研究所、2)北海道環境科学研究センター、3)宮城県保健環境センター、4)山口県環境保健センター、5)富山県環境科学センター、6)法政大学、7)国立環境研究所

平成19年度に学会誌等に掲載された調査・研究

表題 雑誌名 著者名

Isolation and Characterization of Novel Human Parechovirus from Clinical Samples

Emerging Infectious Diseases,13,889-895(2007).

Kanako Watanabe, Masayasu Oie*, Masaya Higuchi*, Makoto Nishikawa, and Masahiro Fujii*
*Niigata University Graduate School of Medical and Dental Sciences

新潟県におけるアストロウイルスによる胃腸炎の発生

病原微生物検出情報、28,296,2007

田村務、広川智香、渡邉香奈子、昆美也子、西川眞、岩谷淳1)、原錬太郎2)、大石智洋3)
1)佐渡市立両津病院、2)原こども医院、3)新潟県立新発田病院

Evolution of CO2 in Lakes Monoun and Nyos, Cameroon,before and during controlled degassing

Geochemical Journal,42,93-118(2008)

Minoru Kusakabe1), Takeshi Ohba2), Issa2), Yutaka Yoshida3), Hiroshi Satake4), Tsuyoshi Ohizumi, William C. Evans5), Gregory Tanyileke6), and George W. Kling7)
1)Okayama University, 2)Tokyo Institute of Technology,3)Yoshida Consulting Engineer Office, 4)University of Toyama, 5)U.S. Geological Survey, 6)Institute of Research for Geology and Mining, Cameroon, 7) University of Michigan

平成18年度に学会誌等に掲載された調査・研究

表題

雑誌名

著者名

降水のpH及び導電率測定値から溶解性成分濃度を求めるためのパラメーターの地域的時間的変動

分析化学,55,595-603(2006).

家合浩明、武直子、福崎紀夫

Environmental Characteristics of Precipitations Based on Both Oxygen Stable Isotopic Ratio and Concentrations of Rare Earth Elements (REEs), Thorium (Th), Uranium (U) in Niigata Prefecture

Radioisotopes,55,307-317(2006).

Naoki Kano1), Takehiro Kikuchi1), Nobuo Sakamoto1), Hiroshi Imaizumi1), Hitoshi Murayama, Hiroaki Yagoh and Tsuyoshi Ohizumi2)
1)Niigata University, 2) Acid Deposition and Oxidant Research Center

Simultaneous Monitoring Method of Polycyclic Aromatic Hydrocarbons (PAHs) and Persistent Organic Pollutants (POPs) in the Atmosphere Using Activated Carbon Fiber Filter Paper

Analytical Sciences, 22,583-590(2006).

Hiroaki Yagoh, Hitoshi Murayama, Takahiro Suzuki, Yasuko Tominaga, Nobuo Shibuya and Yoshio Masuda1)
1) Niigata University

関数関係解析によるケミカルマスバランス法を用いたダイオキシン類の発生源寄与率推定法に関する検討

環境化学、16,437-448(2006).

鈴木貴博、山口 晃、茨木 剛、大野勝之、村山 等、澁谷信雄、橋本俊次1),柏木宣久2)
1)国立環境研究所、2)統計数理研究所

新潟県における農薬の流通量と大気中残留濃度に関する調査

新潟理化学、31,28 (2006).

鈴木貴博、村山 等、水戸部英子1)、青木敏行2)
1)新発田地域振興局、2)上越地域振興局

新潟県内における光化学オキシダントの週末効果

新潟理化学、32,1-10(2007).

武直子、村山等、福崎紀夫

Impact of 1,4-dioxane from domestic effluent on theAgano and Shinano Rivers, Japan

Bulletin of Environmental Contamination and Toxicology,76,44-51, 2006

Akiko Tanabe, Yuriko Tsuchida, Tsuyoshi Ibaraki and Kuniaki Kawata1)
1)Faculty of Applied Life Sciences, Niigata University of Pharmacy and Applied Life Sciences

平成17年度に学会誌等に掲載された調査・研究

表題

雑誌名

著者名

新潟県弥彦角田地域における降水中主要イオン種の洗浄比観測

大気環境学会誌、40,250(2005).

福崎紀夫、近藤聡美1)、前田正人2)、戸塚績3)
1)(財)新潟県環境衛生研究所、2)(財)上越環境科学センター、3)酸性雨研究センター

弥彦山頂における霧水及び降水中の主要化学成分の濃度変動とその関連性

環境技術、34,504(2005).

福崎紀夫、近藤聡美1)、戸塚績2)
1)(財)新潟県環境衛生研究所、2)酸性雨研究センター

佐渡地域における大気中残留性有機汚染物質濃度

環境化学、16,71(2006).

家合浩明、村山等、鈴木貴博、旗本尚樹、富永泰子、澁谷信雄

Investigation of methyl tert-butyl ether levels in river-,ground-,and sewage-waters analyzed using a purge-and-trap interfaced to a gas chromatograph-mass spectrometer

Journal of Chromatography A,1066(1/2),159(2005).

Akiko Tanabe,Yuriko Tsuchida,Tsuyoshi Ibaraki,Kuniaki Kawata1),Akiko Yasuhara2)and Takayuki Shibamoto3)
1)Faculty of Applied Life Sciences,Niigata University of Pharmacy and Applied Life Sciences,2)National Institute for Environmental Studies,3)Department of Environmental Toxicology,University of California,Davis

平成16年度に学会誌等に掲載された調査・研究

表題

雑誌名

著者名

大気中アンモニアガス及びアンモニウムエアロゾルの窒素同位体比

大気環境学会誌、39,272(2004).

早坂英明1),福崎紀夫,近藤聡美2),石塚紀夫3),戸塚績4)
1)共和化工株式会社、2)新潟県環境衛生研究所、3)元新潟大学理学部、4)元酸性雨研究センター

湿性沈着モニタリングネットワークにおける日毎捕集データの手法間差及び変動評価の試み

環境技術、33,920(2004).

福崎紀夫、近藤聡美1)、大泉毅2)、戸塚績3)
1)新潟県環境衛生研究所、2)酸性雨研究センター、3)元酸性雨研究センター

新潟県弥彦角田地域で捕集された霧水及び降水中の窒素同位体比

大気環境学会誌、40,32(2005).

早坂英明1)、福崎紀夫、近藤聡美2)、石塚紀夫3)、戸塚績4)
1)共和化工株式会社、2)新潟県環境衛生研究所、3)元新潟大学理学部、4)元酸性雨研究センター

露と霜の化学

新潟理化学、30,17(2005).

福崎紀夫

石油系油類による異常水質事案における分析手法

新潟理化学、30,52(2005).

田辺顕子

このページはリンク自由です

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ