ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

水辺を考える

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0044605 更新日:2019年3月29日更新

過去の研究所一般公開へ

研究所ホームへ

 川の汚れの原因は、私たちの家庭や工場などからの排水です。しかし、この川の中には、とても小さな生き物であるプランクトン、カゲロウなどの小動物、魚や川底に生えているヨシやキンギョモなどの植物などたくさんの生き物がいて、水をきれいにしようとがんばっています。
 そこで私たちの周りにあるこの川のようすをそおーとのぞいてみたいと考え、簡単な実験をやったり川をきれいにしてくれる小動物の標本をのぞいたり、きれいな川ときたない川の違いはどこかなどについてみんなで考えました。
 考えたことは次のようなことでした。

  • 川エビやタナゴなどの生き物がすみ、水も勢いよく流れきれいだった昔の川、すこしのドジョウしかいないドブ臭い今の川
  • 水にすむ水生昆虫はどんな虫かな、どんなところにすんでいるかな、どうして魚や昆虫は少なくなったのかな?

水辺をのぞいてみると次のようなことがわかります。

大きな石がごろごろ、流れもある河原(上流)

大きな石がごろごろ、流れもある河原(上流)の写真

トビケラ、カワゲラなどの小動物が石の裏側に住み着いてる。石には水苔が生え、きれいな水にすむアユのえさになる。

ヨシが生えている場所(下流)

ヨシが生えている場所(下流)の写真

鳥のすみか、川底、土手を守る。窒素,燐などをのぞいて水をきれいにする。

コンクリートで固められた川

コンクリートで固められた川の写真

コンクリートで固められ、ヨシも生えない、魚も鳥もかくれる場所がない。

水は大切なもの

地球は宇宙に輝く青い水の惑星だ。私たちが毎日お世話になっている川の水はほんの1%です。この1%の水に私たちは命をあずけています。だからこの水をいつまでも大切にいたわりましょう。

制作年月日2003年5月13日

このページはリンク自由です

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ