ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 県政情報 > 県の広報・広聴・県報 > 菅新内閣についての知事コメント

本文

菅新内閣についての知事コメント

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0315631 更新日:2020年9月16日更新

菅新内閣についての知事コメント

 このたびの内閣総理大臣就任に心からお祝いを申し上げます。

 今回の内閣は、安倍政権からの継続性を重視しながら、「国民のために働く内閣」を目指す総理の姿勢が示されたものと受け止めております。

 国においては、新型コロナウイルス感染症対策をはじめ、内外に課題が山積しており、迅速かつ着実な取組をお願いしたいと思います。

 地方においては、人口減少や経済の停滞など、活力を保つことが非常に難しくなっております。総理は、官房長官でおられたときから、地方創生に取り組んでこられましたが、総理就任後も地方へ思いを寄せた積極的な取組を期待しております。

 また、もはや一刻の猶予も許されない拉致問題については、去る7月に当時の菅官房長官から「拉致被害者全員の帰国に向けてさらに取り組んでいく」と力強い言葉をいただきました。今後も、引き続き最重要課題として、具体的な成果を出せるよう取り組んでいただきたいと思います。

知事コメント [PDFファイル/72KB]

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ