ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > しごと・産業 > エネルギー・情報化 > 東京電力から柏崎刈羽原子力発電所5号機において、データ伝送システムの一部に不具合が生じたことの報告を受けました

本文

東京電力から柏崎刈羽原子力発電所5号機において、データ伝送システムの一部に不具合が生じたことの報告を受けました

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0042842 更新日:2012年1月30日更新

 東京電力から、昨日1月29日15時5分に、東京電力から原子力安全・保安院にデータを伝送するシステムに一時的に不具合が発生し、17時43分頃に不具合を解消したと報告を受けました。
 なお、原子力発電所の運転システムや東京電力から新潟県にデータを電送するシステムに影響はありませんでした。
 しかしながら、先日も福島第二原子力発電所において同じ緊急時支援システムのトラブルがあったことから、東京電力に対し原因究明と再発防止対策を求めました。

 県の環境放射線等モニタリング結果には、これまで異常はみられません。


このプレス文を印刷される場合は、こちらをご利用下さい[PDFファイル/87KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ