ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > くらし・安全・環境 > 防災 > 東京電力が公表している放射線監視データと実際の測定データを照合し、一致していることを確認しました。

本文

東京電力が公表している放射線監視データと実際の測定データを照合し、一致していることを確認しました。

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0042321 更新日:2012年1月6日更新

県では、東京電力から県に伝送され公表している放射線監視データと現地記録計に保存されているデータの照合、確認を定期的に行っています。
今回、排気筒モニタ等について調査した結果、一致していることを確認しました。調査の内容は以下のとおりです。

  1. 現地調査実施日
    平成23年12月26日
  2. 調査対象
    1. 排気筒モニタ 3号機
    2. モニタリングポスト MP-7(低線量率計)
    3. 海水局モニタ 6号機 放水口北
  3. 調査方法
    県放射線テレメータシステムへ伝送された以下の期間のデータについて、現地記録計に保存されているデータと比較しました。
    平成23年12月13日(火)20時10分から21時00までの10分間毎の値
  4. 結果
    基準の範囲内で一致していました。
    調査結果の詳細は別紙のとおりです。

※ 現地調査実施の都度、情報提供しています。

 


本文及び別紙はこちらから[PDFファイル/23KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ