ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
パンくず トップページ > 分類でさがす > しごと・産業 > エネルギー・情報化 > 日常食に含まれる放射能検査の結果、過去の測定の範囲でした

本文

日常食に含まれる放射能検査の結果、過去の測定の範囲でした

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0042353 更新日:2011年12月27日更新

 新潟市西蒲区及び柏崎市の各5世帯から日常食(1人1日分の食事)を提供いただき、平成20年度まで国の委託調査で実施していた検査と同じ方法で、放射能検査を実施しました。
 その結果、福島第一原発事故による影響と思われるセシウム134を検出しましたが、食品中に含まれる人工放射性物質の総量は、過去の測定の範囲内であることを確認しました。
 測定結果の詳細は次のとおりです。

測定結果

○日常食の採取・測定方法

新潟市西蒲区、柏崎市の各5世帯から協力をいただき、平成23年12月8日の食事(1人1日分)を採取し、地域ごとに試料を混合したものを加熱灰化処理し、ゲルマニウム半導体検出器で精密測定しました。

○測定結果

  セシウム134(1) セシウム137(2) 放射性セシウム(1)+(2)
新潟市西蒲区 0.043ベクレル/kg 0.071ベクレル/kg 0.11ベクレル/kg
柏崎市 0.028ベクレル/kg 0.064ベクレル/kg 0.092ベクレル/kg
過去の最高値(*1) 検出されず 0.22ベクレル/kg 0.22ベクレル/kg
チェルノブイリ事故後(S61年度) -(*2) 0.13ベクレル/kg 0.13ベクレル/kg

(*1) 昭和47年度から平成20年度まで文部科学省委託「環境放射能水準調査」で日常食の放射能検査を実施しています。全国の調査結果は、次のHPアドレスでご覧になれます。(新潟県の過去の結果は別紙図参照)
環境放射線データベース<外部リンク>
(*2) 当時の放射能分析ではセシウム134の検出はできませんでした。検出可能となったのは、ゲルマニウム半導体検出器で測定を開始した昭和63年度からですが、これまでにセシウム134を検出したことはありませんでした。


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ