ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > しごと・産業 > エネルギー・情報化 > 柏崎刈羽原子力発電所周辺に設置しているモニタリングポストに表示されているコメントを暫定的な表示としています(モニタリングポストの電光表示に関する第2報)

本文

柏崎刈羽原子力発電所周辺に設置しているモニタリングポストに表示されているコメントを暫定的な表示としています(モニタリングポストの電光表示に関する第2報)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0042310 更新日:2010年6月18日更新

 昨日、「県が柏崎刈羽原子力発電所周辺に11局設置している放射線自動観測局(モニタリングポスト)のうち、刈羽局に設置されている電光表示板に、放射線等の測定値とともに、『現在、線量率が高くなっています。原因を調査中です。』とのコメントが表示されていたとの問い合わせがあり、現在、県で調査を行っています。」とお知らせしました。

 電光表示板には、放射線等の測定値とコメントが表示されますが、これまでの調査により、表示されている放射線等の測定値は正確であることが確認できましたが、その測定値や気象情報を基に自動的にコメントを切り替えて表示するシステムに、何らかの不具合や不適切な設定のある可能性が否定できないため、コメントの表示システムについて、製造メーカーとともに更に調査を行っています。

 なお、調査と対応が終了するまでの間、暫定的な対応として、コメント内容が自動的に切り替わらないようにし、放射線等の測定値とともに最近の測定値の範囲を表示するように、本日朝までに設定を変更しました。
 あわせて、万一、測定値が異常に上昇した場合は、手動でコメントを表示します。

 また、上記のモニタリングポストの電光表示板以外には、県で公表している放射線関係のデータで同様に自動的にコメントを切り替えて表示するシステムはないことを確認しています。

 コメントの表示システムの調査結果がわかり次第、改めてお知らせいたします。

この文書を印刷される方はこちらをご利用下さい[PDFファイル/109KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ