ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 県政情報 > 県の広報・広聴・県報 > 政策目的随意契約の事前公表(シルバー)正徳館高等学校

本文

政策目的随意契約の事前公表(シルバー)正徳館高等学校

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0563319 更新日:2023年3月9日更新

政策目的随意契約の事前公表(シルバー)正徳館高等学校

 地方自治法施行令第167条の2第1項第3号の規定により次のとおり随意契約を行うため、新潟県財務規則第72条の2第1号の規定により公表する。

             令和5年 3月 9日       
                新潟県立正徳館高等学校長 羽豆 拓夫

1 提供を受けようとする役務の内容
  令和5年4月1日から令和6年3月31日までの新潟県立正徳館高等学校管理
 業務委託

2 契約をしようとする事務所及び所在地
   新潟県立正徳館高等学校
   新潟県長岡市与板町東与板173番地

3 契約の相手方の決定方法
  本公表に示した参加資格を有すると契約担当者が判断した者であって、新潟県財務規則第54条の規定に基づいて設定された予定価格の制限の範囲内で最低価格をもって見積書を提出した者を契約者とする。

4 見積書の提出期限及び提出方法
  令和5年3月23日(木曜日)午後3時までに新潟県立正徳館高等学校事務室に見
 積書を提出すること。

5 その他必要な事項
(1)見積書を提出する者に必要な資格
  高齢者等の雇用の安定等に関する法律第41条に規定するシルバー人材センターで県内に所在する団体であること。
(2)契約保証金
  契約金額の100分の10に相当する金額以上の金額とする。
  ただし、新潟県財務規則第44条第6号に該当する場合は、免除する。
(3)提供を受ける役務の仕様
  別添の仕様書による。
(4)その他
  新潟県暴力団排除条例第6条の規定により暴力団、暴力団員又はこれらの者と社会的に非難されるべき関係 を有する者は見積書を提出することができない。
  契約の締結に際しては、「暴力団等の排除に関する誓約書」を提出すること。
  提出がないときは、契約を締結しない場合がある。
  新潟県との契約で、受注者等が暴力団関係者から不当介入を受けた場合、警察及び 
 発注者に通報報告を行うこと。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ