ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 土木部 道路管理課 > 第6回「新潟県橋梁長寿命化検討委員会」を開催しました

本文

第6回「新潟県橋梁長寿命化検討委員会」を開催しました

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0041843 更新日:2019年3月29日更新

 平成22年度から運用している新潟県橋梁長寿命化修繕計画について、長い海岸線に沿って橋梁が多数点在し潮風の影響が大きい本県特有の事情等を踏まえて計画を深化させる取り組みを進めています。
 その一環として、平成24年1月31日に、第6回「橋梁長寿命化検討委員会」を開催し、学識経験者の意見を聴取しました。 委員会会場の全景の画像
委員会会場の全景

委員名簿

委員会の様子の画像
委員会の様子

【専門家委員】

  • 丸山 久一 委員(長岡技術科学大学 教授)
  • 長井 正嗣 委員(長岡技術科学大学 教授)
  • 佐伯 竜彦 委員(新潟大学 准教授)

【行政委員】

  • 平野 幸生 委員(新潟県土木部技監)
  • 斉木 勝 委員(新潟県土木部道路建設課長)
  • 折笠 昇 委員(新潟県土木部道路管理課長)

委員会の概要

開催日時

平成24年1月31日(火曜日) 14時00分~15時40分

検討項目

  • 塩分の影響を受ける橋梁
  • 橋長15m未満の小規模な橋梁
  • トラス橋などの特殊な構造の橋梁

会議資料

議事要旨

議事要旨[PDFファイル/75KB]

今後の予定

  • 今回委員会の意見を踏まえ、塩害橋梁、小規模橋梁、特殊橋梁の維持管理マニュアル(案)を構築します。
  • 次回委員会は、平成24年度後期に開催予定です。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ