ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > しごと・産業 > 商工業・産業立地 > 令和2年度新潟県買い物支援セミナーを開催しました(令和3年3月12日)

本文

令和2年度新潟県買い物支援セミナーを開催しました(令和3年3月12日)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0358755 更新日:2021年4月1日更新
 県では、平成23年度から、買い物利便性の低い中山間地域等における移動販売等の取組について支援しています。
 このたび、買い物利便性を向上させる新たな取組や必要性を広く周知し、新規参入及び取組の継続を促進するため「令和2年度 新潟県買い物支援セミナー」をオンラインで開催しました。
 セミナー資料を掲載しますので、当日参加できなかった方も、今後の買い物支援の取組の参考としてください。

1 開催概要

■ 開催日時
令和3年3月12日(金曜日)13時30分~15時30分

■ 対象
企業・個人事業主、起業検討者、自治体、商工団体、福祉関係者、NPO、地域づくり団体、住民組織など

2 セミナー資料

第1部 講演 

講師画像「 買い物支援のアプローチ手法について 」
(公財)流通経済研究所
農業・地域振興研究開発室室長、主席研究員 折笠 俊輔 様

第1部 講演資料 [PDFファイル/2.05MB]

買い物支援への複数のアプローチ手法を中心に、全国の事例も交えて、買い物支援に取り組むためのヒントをご紹介いただきました。

 

 

第2部 講演

「 シェアリングエコノミーを活用した買い物支援について 」第二部講師画像

(一社)シェアリングエコノミー協会 シェアリングシティ統括ディレクター
内閣官房シェアリングエコノミー伝道師 積田 有平 様

第2部 講演資料 [PDFファイル/6.17MB]

自治体や民間事業者等において、地域課題の解決や経済の活性化への活用が拡大しているシェアリングエコノミーについて、その基礎知識とあわせて、買い物代行(スキルのシェア)や地域の足の確保(移動のシェア)など、買い物支援への取組事例をご紹介いただきました。

 

第3部 事例発表 

事例発表イメージ「 移動スーパーへの参入事例 ~地域おこし協力隊からの起業~ 」
移動スーパー魚沼マルシェ 武川 学 様

第3部 講演資料 [PDFファイル/523KB]

 新規参入した移動販売事業について、事業参入の背景や取組のポイント・課題、今後の展望などをお話しいただきました。
【プロフィール】
魚沼市地域おこし協力隊として、首都圏での特産品販売に取り組み、販売の仕事に魅力を感じる。任期終了後の2018年4月、「ほしいものより、ほしくなるもの」をコンセプトに魚沼市内での移動販売をスタート。顧客は一戸ごとに訪問して開拓。販売商品を定期的に見直し、商品の陳列にも工夫を凝らして、魅力的な店作りに取り組む。

3 今後の開催予定

買い物支援セミナーは令和3年度も開催予定です。

※開催情報は、「買い物支援のページ (事業者等向け)」に掲載します。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ