ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > しごと・産業 > 商工業・産業立地 > 令和2年度「表参道・新潟館ネスパス」及び「新潟県関西情報発信拠点 新潟をこめ」の入館者数等の実績についてお知らせします。

本文

令和2年度「表参道・新潟館ネスパス」及び「新潟県関西情報発信拠点 新潟をこめ」の入館者数等の実績についてお知らせします。

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0418576 更新日:2021年8月11日更新

1 表参道・新潟館ネスパス

  入館者数及び販売額は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言発令を踏まえた休業や営業時間短縮の影響もあり、前年度を大きく下回りました。

  特に飲食は影響が大きく、テイクアウトや宅配サービスなどの新たな試みを行ったものの、売上は前年度の約4割にとどまりました。

  引き続き、リモートを活用したイベント等の実施や、宅配サービスの充実など、新しい生活様式にも対応しながら、本県の情報発信に努めます。

 

令和2年度

令和元年度

入館者数(人)

501,929

1,006,182

 

前年度比(%)

49.9

97.4

販売額(千円)

425,379

670,329

 

前年度比(%)

63.5

96.2

   ※ 販売額は、物産販売のほか、外部催事、飲食、観光商品、イベント販売を含みます。

 

 

2 新潟県関西情報発信拠点 新潟をこめ

  R元年12月のリニューアルオープン以降、飲食スペースの新設や取扱商品の拡充など、飲食・物産販売を通じた本県の情報発信に取り組みましたが、R2年度は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言発令を踏まえた休業や営業時間短縮等の対応を余儀なくされました。

  引き続き、新潟清酒コーナーの充実や、地域別の特設商品コーナーを定期的に展開するほか、観光・食に関するイベントを開催し、本県の情報発信に努めます。

 

令和2年度

令和元年度

(※R元12.5~R2.3.31)

平成30年度

(※旧店舗)

来店者数(人)

352,879

434,620

1,201,368

店舗販売額(千円)

105,576

68,749

112,621

   ※ 平成30年度は旧店舗の実績、令和元年度はリニューアルオープン以降の実績のため、令和2年度と単純比較できません。

   ※ 梅田地下街へのテナント入居のため、来店者数はネスパス入館者数と単純比較できません。

報道資料 [PDFファイル/1.28MB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ