ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 知事政策局 地域政策課 > 地域おこし協力隊に関する県の取組

本文

地域おこし協力隊に関する県の取組

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0040687 更新日:2019年3月29日更新

 県では、県内の地域おこし協力隊が地域で生き生きと活動し、その力を活かすことで、県内地域の活性化等につながるよう、次の取組を行っています。

(1)市町村担当者向け研修の実施

 平成27年度より、市町村の地域おこし協力隊担当者を対象とした研修会を実施しています。
 各自治体における隊員受入体制の構築促進、隊員受入の目的形成の促進等を目的とし、専門家による講義、担当者同士の意見交換等を行っています。

担当者研修

平成30年度 担当者研修(5月実施)

(2)隊員向け研修の実施

 平成27年度より、県内の地域おこし協力隊員を対象とした研修を実施しています。

  1. 初任者研修
    対象:主に着任後1年以内の隊員
    内容:OB・OGの体験談、自らの活動環境の共有や今後の活動の進め方を整理するワークショップ等
  2. 定住サポート研修
    対象:任期終了後について考えたい隊員(任期問わず)
    内容:起業・就職・就農等進路別のOB・OGへの相談・意見交換、任期後のビジョンに基づきやるべきことを整理するワーク等

初任者研修

平成30年度 初任者研修(6月実施)

(3)地域おこし協力隊交流ネットワーク会議の実施

 市町村地域おこし協力隊担当者及び隊員全員を対象とし、当県の地域おこし協力隊員同士の交流を促進するとともに、市町村担当者が県内の隊員との交流を通じ様々な活動状況等を把握し、業務に役立てること等を目的として実施しました。
 内容:隊員OB・OGへの質問コーナー、専門家による講演、「新潟県で協力隊制度がうまく運用されるための体制づくり」に関するグループワーク及びディスカッション、「地域おこし協力隊のさらなる導入について」(協力隊の募集方法等の検討)グループワーク及びディスカッション

交流ネットワーク会議

平成30年度 交流ネットワーク会議(10月実施)

(4)首都圏での合同募集説明会の実施

 平成28年度、29年度において、首都圏での県内市町村の協力隊合同募集説明会を開催しました。詳細については、次のリンク先を参照してください。

(5)地域おこし協力隊定住促進研究会の設置

 県内地域で活動した地域おこし協力隊員の定住、成長、地域活性化等につながる要因について調査・分析を行い、今後の制度運用に活かすことを目的とし、研究会を設置しました(平成30年度)。

定住促進研究会

平成30年度 第1回研究会(7月実施)

地域おこし協力隊任期終了者へのアンケート分析結果はこちら(平成31年3月14日公表)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ