ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 知事政策局 地域政策課 > 大学と連携した地域活性化事業(集落・大学協働型)

本文

大学と連携した地域活性化事業(集落・大学協働型)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0120542 更新日:2019年10月24日更新

 県では、人口減少・高齢化等により課題を抱える受入集落等において、大学ゼミ等が集落に滞在するなどして、住民と共に集落の課題解決に向けた取組を行うほか、集落滞在時における交流を通じて地域の活力向上を図る「大学と連携した地域活性化事業(集落・大学協働型)」を実施しています。

県内外の大学が5集落で住民と地域活性化の活動を行います。

今年度新たに活動を行う4件と、一昨年度の事業から継続して活動を行う1件を次のとおり決定しました。

(1)新規4件
参加大学名 活動内容 活動地域 活動時期(予定)
新潟大学工学部
工学科
竹燈籠まつりへの参加、企画運営を通じた活性化策の提案 関川村
上土沢
11月中旬
新潟大学工学部
工学科
地域内にある史跡や温泉等、地域資産の魅力発見 関川村
湯沢
11月中旬
新潟大学法学部法学科・
長野県立大学グローバルマネジメント学部
秋祭りで行う新しい体験型イベントの企画、SNSを利用した情報発信 十日町市
水沢市ノ沢
11月中旬、
1月下旬 他
新潟国際情報大学
経営情報学部経営学科
集落聞き取り調査による地域住民のスキル掘り起こし 柏崎市
石黒
11月上旬 他
(2)継続1件
参加大学名 活動内容 活動地域 活動時期(予定)
江戸川大学社会学部
現代社会学科
宿根木の関係人口の全体像把握に向けた調査活動と、持続的に関係人口と地域住民が交流できる仕組み作り 佐渡市
宿根木
11月上旬 他

報道資料 [PDFファイル/154KB]

令和元年度取組実施集落一覧 [PDFファイル/57KB]

 

 スタートアップ研修及び中間報告会を開催しました。
詳しくは次のURLをご覧ください。

平成30年度大学生の力を活かした集落活性化事業について

(1)新規7件
参加大学名 調査研究内容 調査地域
法政大学現代福祉学部
福祉コミュニティ学科
世代を超えた地域活性化の取組推進に
向けた検討
新発田市
上三光
新潟大学農学部
農学科
ブナ林のスポーツフィールドとしての
活用を通じた地域活性化策の検討
魚沼市
大白川
上越教育大学大学院
学校教育研究科
梨平古代詩の継承を通じた
地域活性化策の検討
上越市
梨平
新潟国際情報大学
経済情報学部経営学科
雪太郎大根など地域の生産物に関する
販売促進対策の検討
上越市
宇津俣
専修大学商学部
マーケティング学科
地域資源や空き家を活用した子育て世代の
移住促進にむけた対策の検討
佐渡市
松ヶ崎・岩首
法政大学法学部
国際政治学部
地域行事や伝統芸能など地域の現状を
踏まえた維持発展策にかかる検討
佐渡市
鷲崎
東洋大学経済学部
国際経済学科
野生定着しているトキやビオトープの
整備などを通じた交流人口拡大策の検討
佐渡市
新穂潟上
(2)継続1件
参加大学 調査研究内容 調査地域
神戸大学大学院
工学研究科建築学専攻
大池祭りを通じた4集落の
広域コミュニティ形成の実践
十日町市清田山・重地
中里下山・田代

 

スタートアップ研修及び中間報告会を開催しました。
詳しくは次のURLをご覧ください。

過年度(平成26~29年)の調査研究報告について

平成26~29年度の調査研究報告はこちらをご覧ください。

過年度(平成26~29年)の調査研究報告はこちらから

調査研究地域一覧(平成25年~平成30年)


大学と連携した地域活性化事業(テーマ型)はこちら

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ