ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 観光・文化・スポーツ > 文化・芸術 > 【万代島美術館】企画展「ルート・ブリュック 蝶の軌跡」

本文

【万代島美術館】企画展「ルート・ブリュック 蝶の軌跡」

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:20201010 更新日:2020年8月7日更新

フィンランドを代表するセラミック・アーティストの日本初個展を開催します。

ルート・ブリュックの作品《ライオンに化けたロバ》の画像

《ライオンに化けたロバ》1957年 タピオ・ヴィルカラ ルート・ブリュック財団蔵
Tapio Wirkkala Rut Bryk Foundation’s Collection / EMMA - Espoo Museum of Modern Art 
© KUVASTO, Helsinki & JASPAR, Tokyo, 2018 C2531

展覧会の概要

北欧フィンランドを代表するアーティスト、ルート・ブリュック(1916-1999)。名窯・アラビア製陶所に長く在籍し、愛らしい図柄の陶板から膨大なピースを組み合わせた迫力あるモザイク壁画まで、陶芸の既成概念にとらわれない作品を世に送り出しました。

本展は、初期から晩年に至る陶作品を中心に、テキスタイルや版画を含めた約200点の作品を通じて、その創作の軌跡をたどる日本で初めての回顧展です。艶やかでニュアンスに富んだ色彩、ユーモラスでありながらどこか憂いを含んだ生きものたちの姿、ダイナミックな作品の細部に施された繊細な文様。ブリュック作品の様々な魅力を是非会場でご覧下さい。

また、ブリュックの長女であり、新潟県妻有地区で開催される「大地の芸術祭」にも参加した現代アーティスト、マーリア・ヴィルカラがブリュックをテーマに構成した作品を展示するほか、新潟会場では日本を代表するグラフィックデザイナー・亀倉雄策(1915-1997)の旧蔵品であるブリュック作品や北欧の工芸品も特別展示いたします。

基本情報

会期

2020年10月10日(土曜日)~12月6日(日曜日) 

休館日

10月12日(月曜日)、10月19日(月曜日)、11月2日(月曜日)、11月9日(月曜日)、11月16日(月曜日)、11月30日(月曜日)

開館時間

10時00分~18時00分 ※観覧券の販売は17時30分まで

観覧料

一般1,100円(900円)、大高生900円(700円)、中学生以下無料

※前売券は販売いたしません。
※( )内は有料20名様以上の団体料金。
※障害者手帳・療育手帳をお持ちの方は無料。受付で手帳をご提示ください。

主催

新潟県立万代島美術館

後援

フィンランド大使館、フィンランドセンター、新潟市、新潟市教育委員会、新潟日報社、朝日新聞新潟総局、毎日新聞新潟支局、読売新聞新潟支局、産経新聞新潟支局、NHK新潟放送局、BSN新潟放送、NST新潟総合テレビ、TeNYテレビ新潟、UX新潟テレビ21、ケーブルテレビNCV、エフエムラジオ新潟、FM KENTO、ラジオチャット・エフエム新津、エフエム角田山ぽかぽかラジオ、エフエムしばた、燕三条エフエム放送 

企画制作

エスポー近代美術館、タピオ・ヴィルカラ ルート・ブリュック財団、ブルーシープ

協力

新潟県立美術館友の会

会期中のイベント

美術館学芸員によるギャラリートーク

日時:10月24日(土曜日)、11月8日(日曜日)、11月21日(土曜日) 各日14時00分~
場所:万代島美術館展示室
※要観覧券・申込不要

Googleカレンダーへ登録<外部リンク>
Yahoo!カレンダーへ登録<外部リンク>
<外部リンク> 県公式SNS一覧へ