ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 県民生活・環境部 愛鳥センター紫雲寺さえずりの里 > 展示鳥類剥製(カラフトムジセッカ)

本文

展示鳥類剥製(カラフトムジセッカ)

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0291882 更新日:2020年6月12日更新

カラフトムジセッカ

カラフトムジセッカ
カラフトムジセッカ

鳥名

カラフトムジセッカ【樺太無地雪加】スズメ目ムシクイ科ムシクイ属(英名 Radde’s Warbler)全長13cm

季節・分布

旅鳥または冬鳥として少数が渡来する。新潟県内では迷鳥とされ、数年に一度程度記録される。

生息環境

やぶのある林や草地などに生息する。

行動

灌木や草の茂みの中を移動しながら、昆虫類やクモ類などを食べる。

形態

雌雄同色。上面はオリーブ色味がある。翼帯はない。下尾筒は橙色味のある褐色。

鳴き声

「チッチ チュイチュイチュイ」などとさえずる。地鳴きは「タッ タッ」

特徴

よく似たムジセッカとの違いは大きさが本種の方がやや大きいこと、嘴や足が本種の方がやや太いことなどがある。
チョウセンウグイスとも似るが、チョウセンウグイスは赤褐色味が強く、体が大きく、足も太い。

用語解説

留鳥 同じ地域に一年中生息し、季節移動しない鳥
夏鳥 春になると南方から渡来して繁殖し、秋に渡去する鳥
冬鳥 秋に北方から渡来して越冬し、春に渡去する鳥
旅鳥 春と秋の渡りの時期に立ち寄る鳥
漂鳥 国内を季節移動する鳥
迷鳥 通常は渡来も通過もしないが、悪天候などで迷い込んだ鳥

分類(目・科名)ページへ

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ