ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 県民生活・環境部 愛鳥センター紫雲寺さえずりの里 > 愛鳥センター「平成29年度足跡ウォッチング」 結果

本文

愛鳥センター「平成29年度足跡ウォッチング」 結果

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0040123 更新日:2019年3月29日更新

愛鳥センターの前で足跡観察中の画像
足跡観察中です

平成30年1月28日(日曜日) 足跡ウォッチング 9時00分~11時00分
新潟県愛鳥センター紫雲寺さえずりの里・公園指定管理者紫雲寺記念公園プロモーションパートナー共催

  1. 天気:くもり
  2. 場所:愛鳥センター周辺
  3. 参加者:10名+講師1名
  4. 観察したもの:(野鳥)キジバト、ノスリ、モズ、ハシブトガラス、キクイタダキ、シジュウカラ、ヒヨドリ、メジロ、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、ハクセキレイ、アオジ
    (その他)ノウサギ足跡・フン・食痕、タヌキ足跡、イタチ足跡、ネズミ類足跡、野鳥(キジ・カラス類・ツグミ・ハクセキレイ)足跡、樹木の冬芽、ハラビロカマキリの卵など

ノウサギの足跡だらけの画像
ノウサギの足跡だらけでした

5.コメント:絶好の足跡ウォッチング日和となりました。講師のお話を聞いたあと外へ出掛けると、愛鳥センター前の駐車場には早速ノウサギの足跡やハクセキレイの足跡がありました。道路の向かい側まで行くと今度はキジがうろうろする足跡がたくさん。探鳥路へ向かうと、あちらもこちらもノウサギの足跡だらけでした。普段姿を見かけることはほとんどありませんが、実は活発に活動しているんですねぇ。2頭で一緒に歩いているような跡もありました。イタチの足跡もよく見られ、キクイタダキやツグミ、ジョウビタキなども観察できました。他にも樹木の冬芽を観察したり、ハラビロカマキリの卵を見つけたりと、盛りだくさんの観察会となりました。(高澤)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ