ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 県民生活・環境部 愛鳥センター紫雲寺さえずりの里 > 平成29年度「新潟県野鳥保護の集い(瓢湖)」を開催しました

本文

平成29年度「新潟県野鳥保護の集い(瓢湖)」を開催しました

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0040099 更新日:2019年3月29日更新

会場のようすの画像
会場のようす

日時:平成30年2月18日(日曜日) 10時00分~15時00分
場所:阿賀野市福祉会館、瓢湖(阿賀野市水原)
参加者:89名

たくさんの方にお集まりいただき、ありがとうございました。

探鳥会(瓢湖)
10時30分~12時00分 曇り

氷の上で丸くなるハクチョウたちの画像
氷の上で丸くなるハクチョウたち

観察種:コハクチョウ、オオハクチョウ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ミコアイサ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、タゲリ、タシギ、トビ、オオタカ、モズ、オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ 以上30種

探鳥会の画像
探鳥会では30種類確認できました

愛鳥モデル校の水原小学校の児童も参加し、5班体制で探鳥会を行いました。今年は湖面の半分以上が氷に覆われ、その上で丸くなるハクチョウやカモたちの姿が多く見られました。氷が張っていない水面にはオナガガモやヒドリガモなどが集まり、周りの木に止まるオオタカやトビも見られました。奥の観察舎からはミコアイサの雌雄が見られ、途中タゲリやタシギなども確認できました。

野鳥保護の集い
13時00分~15時00分

野鳥写真展表彰式

野鳥写真展表彰式の画像
野鳥写真展表彰式

平成29年度野鳥写真展(愛鳥センター主催)にご応募いただいた作品の中から、審査会で入賞作品が選ばれ、その表彰式が行われました。会場には入賞作品全17点を展示し、参加者の皆様にご覧いただきました。(全応募作品は2月24日~5月6日まで愛鳥センター2Fロビーに展示します。)

探鳥会の結果
第49回ガンカモ類の生息調査の実施結果

ガンカモ類の生息調査の結果報告の画像
ガンカモ類の生息調査の結果報告

新潟県野鳥愛護会の山田清副会長より報告いただきました。1月14日に行われた県内22か所のガンカモ類の生息調査では、各地で直前の寒波や大雪に見舞われましたが、ハクチョウ類は過去最高数の合計22,683羽が記録されたとのことでした。ガン類は昨年度より少なかったようですが、佐渡では珍しいハイイロガンが確認されたそうです。

講演

千葉晃氏による講演の画像
千葉晃氏による講演

「ヒシクイ類の越冬生活」
新潟県野鳥愛護会副会長 千葉晃 氏

福島潟におけるオオヒシクイの越冬生活に関する報告を中心に、ヒシクイ類の分類から個体変異、性・年齢差、保護に向けてまで、幅広い視点から講演いただきました。中でも、詳細な美しい写真とともに紹介いただいた群れの関係、個体間の関係は大変興味深いものでした。行動を共にするペアと思われる2羽の行動や、1羽対8羽の威嚇・攻撃行動の顛末にはみな聞き入りました。また、あまり調べられていないオオヒシクイの鳴き声は6種類ほどに分けられるそうで、実際の音声とともに声紋による分析結果も報告いただきました。最後に、さらなる保護に向けての見解もお話いただき、会場一同ヒシクイ類の知見を深めることができました。

各地の冬鳥情報

各地の冬鳥情報の画像
各地の冬鳥情報

引き続き、千葉晃氏より県内各地の冬鳥情報を紹介いただきました。この冬も阿賀町や松之山、魚沼、田上町、下越、佐渡など各地で貴重な野鳥たちが確認されたそうです。特に、佐渡で確認されたヒメハジロやクロハゲワシなど珍しい鳥たちの美しい写真には、会場から感嘆の声があがっていました。


申込受付は終了しました。

午前は探鳥会、午後は講演会を行います

このイベントは、広く県民に対し、冬季に県内の湖沼等で観察できる水鳥に関する知識を高めるとともに、瓢湖での白鳥保護活動にふれることにより、野鳥保護思想の普及啓発に努め、地域活動を盛り上げることを目的に開催します。

主催:新潟県愛鳥センター紫雲寺さえずりの里、新潟県野鳥愛護会

イラスト:コガモ(オス)
イラスト:コガモ(オス)

  • 日時:平成30年2月18日(日曜日) 10時00分~15時00分
  • 会場:阿賀野市 探鳥会「瓢湖」・野鳥保護の集い「阿賀野市福祉会館」
  • 日程:
  • 集合 10時00分(阿賀野市福祉会館)
    探鳥会 10時20分~12時00分
    野鳥保護の集い 13時00分~15時00分
    • 野鳥写真展表彰式
    • 探鳥会の結果整理
    • 平成29年度(第49回)ガンカモ類の生息調査の実施結果について
    • 講演「ヒシクイ類の越冬生活」新潟県野鳥愛護会副会長 千葉晃 氏
  • 参加費:無料
  • 参加申込:ハガキ、電話、Fax、ホームページ電子申請、E-mailで住所・氏名・年齢・電話番号を明記して愛鳥センターまでお申し込み下さい。
  • 定員:100名
  • 対象:小学校高学年以上

 申込締切り:2月11日(日曜日)

※日程に一部変更が生じることがあります。

参加者駐車場の画像

自家用車で参加する方は、下記の駐車場をご利用ください。

  1. 白鳥会館前市営駐車場
  2. 市営第2駐車場

※注:代官所駐車場は使用しないでください。

その他:昼食は各自でご用意ください。また防寒に十分お気をつけください。

電子申請でのお申込みはこちらをクリックしてください<外部リンク>

留意事項

電子申請の利用にあたっては、次の事項に留意してください。

  1. 新潟県は、電子申請によって得た情報について、当該申請手続以外の目的には利用しません。
  2. 電子申請を利用するために必要な機器(ソフトウェアを含みます)及び通信費用は、利用者の負担とします。
  3. 電子申請の利用により発生した一切の損害について、利用者は新潟県に対してその責任を問わないものとします。
    また、電子申請の利用により第三者に損害を与えた場合には、利用者は自己の責任において解決するものとします。
  4. システムのメンテナンス等により、電子申請の利用を休止することがあります。
  5. 電子申請の利用に当たり、次に掲げる行為を禁止します。
    1. 新潟県への申請手続以外の目的で利用すること。
    2. システムの管理及び運営を故意に妨害すること。
    3. 他人になりすまして電子申請をすること。
    4. その他法令等に反すると認められる行為をすること。

報道資料

「平成29年度新潟県野鳥保護の集い(瓢湖)」を開催します[PDFファイル/75KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ