ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 県民生活・環境部 愛鳥センター紫雲寺さえずりの里 > 平成29年度「工作教室」を開催しました

本文

平成29年度「工作教室」を開催しました

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0040029 更新日:2019年3月29日更新

バードフィーダーとバードテーブル完成の画像
つり下げ型のバードフィーダーとバードテーブルが完成!日時:平成29年7月30日(日曜日)午後1時30分~午後3時30分

会場:愛鳥センター2階レクチャールーム
参加者:19名

工作教室説明の画像
設置のポイントは?野鳥は何が好き?

 今回の工作教室は「かんたん工作でバードフィーダー(野鳥の餌置き)を作成しょう!」と題して、自宅に野鳥を招くための餌置きを作成しました。
 最初に愛鳥センター所長から、バードフィーダーを設置するに当たっての注意事項について、また野鳥が好む餌についてのお話を聞いた後、作業に入りました。
 注意事項として以下のようなお話をしました。

  1. 野鳥への給餌は野外に餌が少ない冬の間だけ
  2. カラスやネコが寄りつかないための工夫
  3. 周囲に迷惑をかけないこと

 など。

作成中の画像
ペットボトルを加工中です!

 今回使用した材料はペットボトル、牛乳パックなど身近にあるものを使って作成しました。
 ペットボトルに穴を開け、野鳥の止まり木となる割り箸を差込み、餌をついばむ口をあけ、キャップに針金を通してつり下げ型のバードフィーダーを作成しました。
 次に、牛乳パックの4つの面に窓を開け、1リットルパックを短くカットし底をくっつけた後、上部にテグスを通してしてこちらもつり下げ型のバードフィーダーを作成しました。
 今回つり下げ型を作成しました理由は、周囲に迷惑を掛けることが多いカラスやドバトへの対策からです。カラスやドバトは体が重く、細い枝や不安定な場所に止まることができないからです。
 最後は、合板に木材を釘で固定したバードテーブルを作成しました。

工作中の画像
最後は自分の好みにデコレーション!

 参加された方々は小学生連れのご家族ということで、「夏休みの工作にピッタリと思って参加しました。思ったよりかんたんで子供たちも楽しく工作できました。」などのご感想をいただきました。

 今後も愛鳥センターでは様々なイベントを行う予定ですので、是非またお越し下さい。

トップページに戻る

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ