ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 組織でさがす > 県民生活・環境部 愛鳥センター紫雲寺さえずりの里 > 平成26年度「瓢湖探鳥会及び新潟県野鳥保護の集い」を開催しました

本文

平成26年度「瓢湖探鳥会及び新潟県野鳥保護の集い」を開催しました

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0040066 更新日:2019年3月29日更新

探鳥会の様子の画像
探鳥会の様子

平成27年2月15日(日曜日)10時00分~15時00分
瓢湖探鳥会及び野鳥保護の集い
主催:新潟県 新潟県野鳥愛護会
後援:新潟県教育委員会 阿賀野市 阿賀野市教育委員会 瓢湖の白鳥を守る会

  1. 天気:くもり
  2. 場所:阿賀野市水原:瓢湖 阿賀野市福祉会館
  3. 参加者:100名

探鳥会の様子の画像2
水原小学校のみなさんと瓢湖の白鳥を守る会の指導員

4.確認種
コハクチョウ オオハクチョウ オカヨシガモ ヒドリガモ アメリカヒドリ マガモ カルガモ ハシビロガモ オナガガモ トモエガモ コガモ ホシハジロ キンクロハジロ スズガモ ミコアイサ カワウ アオサギ ダイサギ オオバン カモメ セグロカモメ トビ チュウヒ オオタカ ノスリ ハシボソガラス ハシブトガラス シジュウカラ ヒヨドリ スズメ ハクセキレイ セグロセキレイ 計32種

野鳥写真展金賞を受賞された田辺昭三氏の画像
野鳥写真展金賞を受賞された田辺昭三氏

5.コメント
瓢湖探鳥会:時折日差しが差すなど天候に恵まれたなか探鳥会を開催できました。
給餌桟橋付近にはオナガガモやキンクロハジロなどが集まり、数百の群れを観察することができました。遠くの水面にはトモエガモやオカヨシガモなどの群れも確認でき、何種類ものカモたちを比べながら観察することができました。その他にはカモメやセグロカモメなどの水鳥も見られ、オオタカやチュウヒなどの猛禽類や小鳥についても数種類が現れました。
 また、愛鳥モデル校の水原小学校から白鳥パトロール隊の児童が34名参加され、瓢湖の白鳥を守る会の方に探鳥会指導をしていただきました。

愛護会山田副会長による探鳥会整理、調査報告の画像
愛護会山田副会長による探鳥会整理、調査報告

野鳥保護の集い:平成26年度野鳥写真展表彰式には10名の方にご出席いただきました。また、会場には入賞作品17点を展示し、多くの方にご覧いただきました。
探鳥会の結果整理は、新潟県野鳥愛護会の山田清副会長にお願いしました。午前中の探鳥会で観察された野鳥を整理し、近年観察されていなかったカモメやチュウヒなど瓢湖とその周辺には多くの野鳥が生息していることを再確認しました。
引き続き山田副会長に、県が例年愛護会に委託しているカモ科鳥類生息状況調査について今年度分を報告いただきました。県内各地における今期のハクチョウ・ガン・カモ類等の飛来数を確認し、おおよそ例年通りの傾向の中、コハクチョウの減少とカモ類の増加といった今年の特徴を紹介いただきました。

愛護会本間顧問による講演会の画像
愛護会本間顧問による講演会

休憩をはさんで、新潟県野鳥愛護会の本間隆平顧問に「瓢湖におけるオナガガモの越冬」と題して長年瓢湖において調査研究されてきたオナガガモについて講演いただきました。オスとメスがペアになる番い形成の様子や、その特徴的な行動を貴重な生態写真で紹介いただきました。1998年から実施されている鳥類標識調査の成果についても発表いただき、瓢湖で捕獲されたオナガガモが国内では北海道から岡山まで各地に移動したこと、また海外ではロシアやアメリカまで移動したという記録についても紹介いただきました。調査の中で得られた興味深い体重変化についても触れ、オナガガモが越冬のために瓢湖を利用しているのか渡りの中継のために利用しているのか考察を紹介いただきました。
 おわりに、愛護会の千葉晃副会長より冬鳥情報の紹介をしていただきました。佐渡でツメナガホオジロやユキホオジロなどの珍しい野鳥が見られ、さらには新潟県で2例目となるノハラツグミの記録などを写真で紹介いただきました。下越でオオワシやベニヒワなど、中越でアカツクシガモなどが見られたことを紹介いただきました。

平成26年度瓢湖探鳥会及び新潟県野鳥保護の集い

  • 日時:平成27年2月15日(日曜日) 10時00分~15時00分
  • 会場:阿賀野市 探鳥会「瓢湖」・野鳥保護の集い「阿賀野市福祉会館」
  • 日程:
    集合 10時00分(阿賀野市福祉会館)
    探鳥会 10時20分~12時00分
    野鳥写真展表彰式 13時00分~13時20分
    野鳥保護の集い 13時20分~15時00分
    • 探鳥会の結果整理
    • 平成26年度(第46回)ガンカモ類の生息調査の実施結果について
    • 講演「瓢湖におけるオナガガモの越冬生活」 本間 隆平 氏
    • 各地の冬鳥の情報
  • 参加費:無料
  • 参加申込:住所・氏名・電話番号を明記し、ハガキ、電話、Fax、E-mailで愛鳥センターまでお申し込み下さい。
  • 定員:100名
  • 対象:小学校高学年以上

申込〆切:2月7日(土曜日)

会場案内図の画像

 

自家用車で参加する方は、下記の駐車場をご利用ください。

  1. 白鳥会館前市営駐車場
  2. 市営第2駐車場

※注:代官所駐車場は使用しないでください。

その他:昼食は各自でご用意ください。また防寒に十分お気をつけください。

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ