ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

野鳥が死んでいた場合の注意点

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0040047 更新日:2019年3月29日更新

野鳥は様々な原因で死亡します。

野鳥が死んでしまう原因は様々です。すぐに高病原性鳥インフルエンザを疑う必要はありません。多くの場合は、餌がなかったこと、障害物に激突したこと、他の動物に襲われたことなどが原因と考えられます。以下の点に注意して、あわてず冷静に対処しましょう。

死んでいる野鳥に直接さわらないようにしましょう。

野鳥は鳥インフルエンザだけでなく、多くの細菌や寄生虫、ウイルスなどを持っています。野鳥の死体にさわる場合は、ゴム手袋等をしてください。死体を処分する時は、ビニール袋に密封して指定袋に入れれば、可燃ゴミとして処分することが可能です。

万一野鳥の死体などに直接触れてしまった場合は、すぐに手洗いやうがいをしましょう。

高病原性鳥インフルエンザは通常の状況で人が感染することは極めて少ないといわれていますが、念のために、野鳥の死体などに触ってしまった場合はうがいや手洗いをしましょう。また、水辺などに立ち寄った際には、極力野鳥の糞などを踏まないよう注意しましょう。踏んでしまった場合は、靴底などを洗いましょう。

ハクチョウやタカなどが死んでいた場合は最寄の地域振興局健康福祉(環境)部へ連絡してください。

  1. 新潟県では、野鳥の高病原性鳥インフルエンザが養鶏場のニワトリなどに感染することを防ぐため、死亡野鳥を回収してウイルス検査を実施しています。
  2. 検査は高病原性鳥インフルエンザに感染しやすいとされている野鳥を優先的に行っています。
  3. 感染しやすいとされる野鳥の種類は環境省により選定されました。感染しやすい方から、検査優先種1・検査優先種2・検査優先種3・その他に区分されています。
  4. 現在(近隣国発生時)は、最も感染しやすいとされている下記の検査優先種1及び2の野鳥について、重点的にウイルス検査を実施しています。検査優先種1及び2の野鳥の死体が見つかった場合、または、種類に関係なく、同じ場所で多くの野鳥が死んでいた場合は、最寄りの地域振興局健康福祉(環境)部へ連絡してください。県地域機関(地域振興局)※検査優先種1・2の野鳥の写真は下記ファイルの17ページから御覧になれます。

野鳥における高病原性鳥インフルエンザに係る対応技術マニュアル簡易版(環境省)<外部リンク>

トップページに戻る

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ