ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

平成26年度愛鳥講演会のお知らせ

印刷 文字を大きくして印刷 ページ番号:0040011 更新日:2019年3月29日更新

愛鳥講演会を開催しました

愛鳥講演会を開催しましたの画像所長あいさつ
愛鳥センター西脇所長あいさつ

愛鳥講演会を開催しましたの画像講演会
たくさんのご参加ありがとうございます

愛鳥講演会を開催しましたの画像の画像講演会
本間穂積先生のご講演

平成26年11月23日(日曜日) 愛鳥講演会 13時30分~16時40分

  1. 場所:新潟県立生涯学習推進センター 大研修室
  2. 参加者:73名(内講師2名)

今年度から会場を愛鳥センターから新潟市に移しての開催となりました。70名を超える参加をいただきありがとうございました。
お一人目の講師として佐渡トキ保護センターの本間穂積先生から「トキの保護増殖と野生復帰への取組-トキが与えてくれた36年目の夢-」と題してトキの野生復帰に向けた取り組みについて講演いただきました。トキの鳴き声から始まり、貴重なトキの羽を参加者にも実際に手にとってもらいながらトキとはどんな鳥なのか解説いただき、保護の歴史にも触れながら紹介いただきました。放鳥の様子を映像で紹介していただき、また自然界でのトキの誕生など佐渡におけるトキ関連のトピックの数々を写真でも見せていただきました。

愛鳥講演会を開催しましたの画像講演会
石部久先生のご講演

お二人目には日本野鳥の会新潟県会長の石部久先生に「野生を生きるトキの行動生態と生息環境」と題して放鳥トキの生態などについて講演いただきました。放鳥され、佐渡から渡ってきたトキについて、どの個体がどこへ渡り、どんな環境で生活してきたのか丹念に調査観察されていたことがよくわかる詳しい解説をいただきました。ミミズやドジョウ、ザリガニなどの餌生物を捕らえる決定的瞬間には会場から感銘の声があがりました。また、新潟県で見られる野鳥とその生息環境についても30種類ほど紹介いただき、高い山に生息するクマタカやイヌワシ、海岸や崖で生活しているハヤブサなどの美しく迫力に富んだ写真は、大変興味を惹かれる内容でした。
講演の後には、新潟県県民生活環境部鳥獣保護係の樋口圭太氏より鳥獣保護管理計画についてお知らせをいただきました。

愛鳥講演会を開催しましたの画像講演会
鳥獣保護係、樋口圭太氏

愛鳥講演会を開催しましたの画像閉会あいさつ
新潟県野鳥愛護会渡辺央会長あいさつ

 新潟県愛鳥センターでは、県民のみなさまに自然の素晴らしさや野生生物保護の大切さを伝えるために愛鳥講演会を開催します。
 今年度のテーマは「トキ」です。トキの野生復帰に向けた取り組みや放鳥トキの生態についての講演をします。

演題

「トキの保護増殖と野生復帰への取り組み ~トキが与えてくれた36年目の夢~」
 トキ保護センター野生復帰ステーション 本間 穂積 氏
「野生を生きるトキの行動生態と生息環境」
 日本野鳥の会新潟県 会長 石部久 氏

トキのイラストの画像1

トキのイラストの画像2

  • 日時:平成26年11月23日(日曜日)13時00分~16時30分
  • 場所:新潟県立生涯学習推進センター 2階 大研修室(県立図書館複合施設)
    (住所:新潟市中央区女池南3-1-2)
  • 講演会日程
    受付 13時00分~13時30分
    開会 13時30分~13時35分
    講演会 13時35分~16時10分
    県からのお知らせ 16時10分~16時25分
    閉会 16時25分~16時30分
  • 申込み方法 住所・氏名・電話番号を明記の上、はがき、電話、ファックス、またはe-mailで申し込みください。
  • 定員 先着80名
  • 申込締切り 11月16日(日曜日)必着
  • 料金 無料

トキのイラストの画像3

トップページにもどる

<外部リンク> 県公式SNS一覧へ