このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の税金・収入証紙の中の県税クイズ(初級編)
本文はここから

県税クイズ(初級編)

2015年04月01日
クイズを通して、県税について学んでみよう!まずは初級編に挑戦!!

(正解と解説は、本ページ下部のリンクからご覧ください。)

【問題1】
 県税について定めた法律はどれでしょう?

 1.地方税法
 2.法人税法
 3.所得税法
【問題2】
 地方消費税は平成何年度から実施されたでしょう?

 1.平成9年度
 2.平成10年度
 3.平成11年度
【問題3】
 平成26年度決算における、県の税収はいくらでしょう?

 1.約1,400億円
 2.約2,400億円
 3.約3,400億円
【問題4】
 株式会社などの法人にかかる県の税金はどれでしょう?

 1.法人税
 2.法人事業税
 3.法人市町村民税
【問題5】
 次のうち県税はどれでしょう?

 1.入湯税
 2.酒税
 3.ゴルフ場利用税
【問題6】
 県の税金で最も収入額が多いのは、次のうちどれでしょう?

 1.個人県民税
 2.法人事業税
 3.自動車税
【問題7】
 土地や建物を買ったときにかかる県税はどれでしょう?

 1.固定資産税
 2.登録免許税
 3.不動産取得税
【問題8】
 県税のかかる油(消費税は除く)は次の3つのうちどれでしょう?

 1.重油
 2.ガソリン
 3.軽油
【問題9】
 次のうち、持っていると税金が課税されるものはどれでしょう?

 1.自動車
 2.携帯電話
 3.お酒
【問題10】
 本県では、自動車税の納期を5月1日から5月31日と定めています。では、5月31日が日曜日の場合、納期限は何月何日でしょう?

 1.5月29日(金曜日)
 2.5月31日(日曜日)
 3.6月1日(月曜日)
【問題11】
 明治6年の地租改正以前は金銭の代わりに主に何によって税を納めていたでしょう?

 1.米
 2.麦
 3.野菜
【問題12】
 社会保障の充実・安定化と、そのための安定財源確保と財政健全化の同時達成を目指して現在進められている改革のことを何というでしょう?

 1.地域主権改革
 2.三位一体改革
 3.社会保障と税の一体改革
【問題13】
 大化の改新(645年)で定められた「班田収授の法」によって農民に課せられた税は、庸・調・雑徭の他に何があったでしょう?

 1.祖
 2.狙
 3.租
【問題14】
 納税の義務は日本国憲法第何条に定められているでしょう?

 1.第1条
 2.第30条
 3.第84条
【問題15】
 軽油引取税は軽油1リットルあたり何円でしょう?

 1.21円
 2.32円10銭
 3.43円20銭
【問題16】
 次のうち自動車税がかかるものはどの車でしょう?

 1.排気量660ccの軽自動車
 2.排気量1000ccの小型四輪車
 3.排気量1200ccの自動二輪車
【問題17】
 私たちは生活の中で、仕事をしてお金をもらい、物を売ったり買ったり、家や車を持ったりといろいろな経済活動を行っています。税金はその経済活動のどこに負担を求めるかによって次の3つに分けることができます。
 A:働いてお金を得たときに負担を求める、「所得課税」
 B:お金を使って物を買ったりサービスを受けたときに負担を求める、「消費課税」
 C:家や土地などを持ったときなどに負担を求める、「資産課税」
それでは、次のうち「消費課税」に分類される税金はどれでしょう?

 1.個人県民税
 2.不動産取得税
 3.地方消費税
【問題18】
 次のうち、実際に地方税として課税されたことのないものはどれでしょう?

 1.眼鏡税
 2.楽器税
 3.家畜税
【問題19】
 狩猟税は、税金の使い道が特定されている「目的税」という種類の税金ですが、どのような使い道にあてられているでしょう?

 1.鳥獣の保護
 2.福祉の推進
 3.学校施設の整備
【問題20】
 平成14年度から自動車税に適用されている、環境に配慮した仕組みの税制を何というでしょう?

 1.レッド税制
 2.ブルー税制
 3.グリーン税制