このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の税金・収入証紙の中の新潟県不正軽油対策協議会
本文はここから

新潟県不正軽油対策協議会

2015年04月01日
石油製品の販売又は使用に関わる団体及び行政機関が連携して不正軽油の撲滅に取り組んでいます。

協議会からのお知らせ

◆バイオディーゼル燃料を販売・消費する場合のご注意!

 バイオディーゼル燃料は、主に廃食用油やパーム油などの植物油を原料として製造される軽油代替燃料で、「BDF」などと呼ばれています。
 燃料タンクに軽油が残ったままバイオディーゼル燃料を給油すると燃料タンク内で混ざってしまい、混和したものが地方税法上の軽油に該当する場合は用途を問わず課税されます。また、不純物などが十分取り除かれないバイオディーゼル燃料はエンジントラブルの原因となります。
(下記のチラシもご覧下さい)
保有者の皆さんへ(PDF形式  145 キロバイト)
販売店の皆さんへ(PDF形式  876 キロバイト)

不正軽油ホットライン

ストップ不正軽油 ポスター

新潟県不正軽油対策協議会では、広く県民から不正軽油に関する情報を収集するため、不正軽油ホットラインを開設しています。

●不審なタンクローリー車が出入りする場所がある。
●著しく安い軽油を売り込みにきた。
●ディーゼル車の燃料として重油や灯油を使っているという話を聞いた。
など、
不正軽油の製造・販売・使用等に関する情報を下記までお寄せください。
※情報をお寄せいただいた方の秘密は厳守します。

◆新潟県不正軽油対策協議会(事務局:県庁税務課内)  
不正軽油ホットライン(フリーダイヤル) 0120-771-572(新潟地域振興局県税部内 直通電話)
受付時間:平日の午前8時30分から午後5時まで。その他の時間は留守番電話で対応。
ファックス  0120-771-572
メールアドレス ngt010050@pref.niigata.lg.jp

※025-280-5052(県庁税務課内)でも受け付けています。

新潟県不正軽油撲滅宣言

 不正軽油の製造・販売・使用は軽油引取税の悪質な脱税行為であるのみならず、製造過程で排出される有害物質による土壌汚染など、環境に対して悪影響を与える反社会的行為である。
 私たちは、不正軽油を「売らない」「買わない」「使わない」をスローガンに、相互に連携して不正軽油の撲滅を目指すことをここに宣言する。
平成16年3月16日

新潟県不正軽油対策協議会

新潟県石油商業組合、公益社団法人新潟県トラック協会、公益社団法人新潟県バス協会、一般社団法人新潟県ダンプ協会、一般社団法人新潟県建設業協会、新潟県警察本部、新潟県

協議会の概要

 

 【新潟県不正軽油対策協議会構成団体】
  新潟県石油商業組合、公益社団法人新潟県トラック協会公益社団法人新潟県バス協会、一般社団法人新潟県ダンプ協会、
一般社団法人新潟県建設業協会新潟運輸支局新潟海上保安部警護救難課新潟県警察本部生活安全部生活保安課
 新潟県防災局消防課新潟県県民生活・環境部廃棄物対策課新潟県新潟地域振興局県税部
 新潟県総務管理部税務課
 

(主な事業)
・不正軽油の製造・流通の情報収集⇒不正軽油ホットライン
・不正軽油撲滅のための広報・指導啓発
・不正軽油撲滅のための意見・情報交換及び協力体制の構築

毎年不正軽油撲滅強調月間を定め、キャンペーンを展開しています。