このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の税金・収入証紙の中の自動車税
本文はここから

自動車税

2014年04月01日

自動車税とは

 自動車の持ち主にかかる税金で、4月1日を基準として毎年課税されます。(5月末までに納めます。)税率は、車の種類によって異なり、年間定額制です。なお、軽自動車等に対して課されるのは、軽自動車税(市町村税)となります。

納める人

 自動車(二輪車、小型・大型特殊車、軽自動車を除く。)をお持ちの方です。(通常は、自動車検査証に記載されている所有者をいいます。)ただし、割賦販売等で所有権がまだ売主にある場合は、その買主である使用者の方が納めなければなりません。
 ※軽自動車は、自動車税ではなく、軽自動車税(市町村税)が課税されます。詳しくは、市町村におたずねください。

納める額

 自動車税の税額は、自動車の排気量・積載量・用途などにより、1台あたりの年税額で定められています。また、環境に配慮した税制として、環境負荷の小さい自動車の税額を軽減し、環境負荷の大きい自動車の税額を重くする「自動車税のグリーン化特例」が導入されています。
 なお、温室効果ガスの排出抑制による地球温暖化防止対策等のため、県独自の「電気自動車等の普及促進税制」を導入しています。
 年税額、グリーン税制及び電気自動車等の普及促進税制については、以下のリンクをご覧ください。

納める方法

◆年度途中で新車を購入したときなどは…月割課税になります。
 税額 = 年税額 × 登録の月の翌月から3月までの月数 ÷ 12

◆年度途中で廃車したときは…すでに納めた税額から、月割課税額を差し引いた額を還付します。
 月割税額 = 年税額 × 4月から登録のあった月までの月数 ÷ 12
 
 詳しくは、以下のリンク先をご覧ください。
 毎年、4月1日現在で自動車をお持ちの方は、県から送られてくる納税通知書によって5月31日までに金融機関や地域振興局県税部等で納めます。

自動車税は次の方法でも納税できます。

 コンビニエンスストアやインターネット(Yahoo!公金支払い)によるクレジットカード(ただし、VISA、Master Card、JCB、American Express、ダイナースのみ)での納税もできます。
 
サークルK、サンクス、セーブオン、セブン-イレブン、デイリーヤマザキ、ヤマザキデイリーストアー、ファミリーマート、ローソン

※ 納税通知書に記載されている納期限後は、コンビニエンスストア及びクレジットカードでの納税はできません。

車検用の納税証明書について

 自動車税納税証明書(継続検査・構造等変更検査用)は、5月にお送りする納税通知書と一緒になっています。車検・構造等変更検査時に必要となる場合がありますので、大切に保管してください(車検・構造等変更検査時以外には使用できません)。
 なお、平成27年4月から、一部の例外を除き、車検時における運輸支局窓口での自動車税納税証明書(継続検査・構造等変更検査用)の提示が省略できるようになりました。

こんなとき、登録・申告を忘れずに!

 車を売ったり買ったりしたとき、車が古くなって使わなくなったとき、住所が変わったときなどは、新潟運輸支局または長岡自動車検査登録事務所への登録と、自動車税・自動車取得税の申告受付窓口(運輸支局併設)への申告が必要です。これらの手続きがないと、いろいろなトラブルの原因になりますのでご注意ください。
 詳しくは、以下のリンク先をご覧ください。