このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の税金・収入証紙の中の車検時における自動車税の納税確認が電子化されました。
本文はここから

車検時における自動車税の納税確認が電子化されました。

2017年05月16日
  平成27年4月から、利用者の利便性の向上を図るため、国土交通省(運輸支局等)と都道府県とのシステムの連携により、自動車の登録窓口において、自動車税の納税情報について電子的に確認できるようになりました。
  これにより、運輸支局で車検を受ける際は、自動車税の納税証明書の提示は省略できるようになりました。
  また、これまで納税証明書を紛失した場合に必要だった納税証明書の再交付手続きも不要となりました。
  なお、従来の紙による納税証明書の交付は当面継続します。

  ※納税証明書の提示が省略できるのは、自動車税の未納がない場合に限られます。
詳しくはこちらのチラシをご覧下さい。( 138 キロバイト)

ご注意ください(納税証明書の提示が必要になる場合があります)

(1)自動車税を納付後、すぐに車検を受けられるとき
 自動車税の納付方法により、当該納付情報がシステムに反映されるまで相応の日数(最大3週間程度)が必要となりますので、自動車税を納付後すぐに車検を受けられる方は、自動車税の納税通知書に添付されている納税証明書をご提示ください。

(2)年度途中に新潟県外から県内に転入し、新潟県ナンバー(新潟・長岡)に変更されたとき
 納税証明書の提示が必要になる場合があります。

(3)軽自動車・小型二輪自動車の車検を受けられるとき
 軽自動車・小型二輪自動車には軽自動車税(市町村税)が課税されます。
 納税確認の電子化の対象外ですので、納税証明書をご提示ください。

納税証明書自動発行機の運用を平成27年6月末で終了しました。

・ 車検時における自動車税の納税確認が電子化されたことに伴い、県の委託先窓口(新潟県自動車標板協会、長岡自動車協会)に設置していた自動車税納税証明書(継続検査用)自動発行機の運用を、平成27年6月末で終了しました。

・ 納税証明書の発行を希望される方は、最寄りの地域振興局県税部へお問い合わせください。