このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の統計・調査・監査の中の平成30年地価公示結果の概要を発表します。
本文はここから

平成30年地価公示結果の概要を発表します。

2018年03月28日

1 地価公示制度等について

(1)地価公示とは
地価公示法に基づき、適正な地価の形成(土地取引)に寄与することを目的として、国土交通省土地鑑定委員会が毎年1月1日現在で標準地の価格調査を実施し、その結果を公示するものである。(全国26,000地点、本県434地点)

(2)その他
本データは国土交通省土地鑑定委員会が作成した資料に基づき、新潟県内の434地点についてまとめたものである。

2 県内全体の状況

(1)県内の地価は全用途平均で平成8年以来23年連続の下落となったが、下落幅は前年より縮小した。
(2)用途別に見ると、全ての区分で平均変動率の下落幅が縮小した。
(3)価格が上昇した地点は60地点(前年32地点)で、価格変動のなかった横ばい地点は41地点(前年42地点)となった。



 
 [表-1 用途別平均変動率]                                     (単位:%、( )内は前年値)
       住 宅 地      商 業 地     工 業 地      全用途平均
      全   国           0.3
         (0.0)
         1.9
        (1.4)
        0.8
       (0.3)
           0.7
          (0.4) 
     新潟県         △1.1
      (△1.4)
        △1.7
      (△2.1)
      △0.5
     (△1.1)
          △1.2
        (△1.6)
変動率:(当年価格-前年価格)×100÷前年価格(小数点第2位を四捨五入) 

             
   [表-2 用途別標準地数]                 
      住 宅 地   宅地見込地     商 業 地      工 業 地   林地           計
    全   国       18,322
     (18,321)
          74
        (74)
       6,491
     (6,491)
       1,056
      (1,057)
    57
   (57)
      26,000
     (26,000) 
    新潟県         307
      (307)
           -        111
      (111)
         16
       (16)
    -         434
       (434)
図 平均変動率の推移(PDF形式  56 キロバイト)

3 県内の住宅地の状況

(1)県全体では平成10年以来21年連続の下落となったが、下落幅は前年より0.3ポイント縮小した。
(2)価格が上昇した地点は全て新潟市で46地点(前年26地点)、横ばい地点は26地点(前年33地点)となった。
(3)平均変動率では標準地の存する25市町村のうち、1市で上昇へ転じたほか、19市町村で下落幅縮小、3市で前年同率、2市町で下落幅拡大となった。


4 県内の商業地の状況

(1)県全体では平成5年以来26年連続の下落となったが、下落幅は前年より0.4ポイント縮小した。
(2)価格が上昇した地点は全て新潟市で12地点(前年6地点)、横ばい地点も全て新潟市で10地点(前年6地点)となった。
(3)平均変動率では標準地の存する23市町村のうち、1市で横ばいに転じたほか、18市町村で下落幅縮小、2市で前年同率、2市で下落幅拡大となった。



5 全国の概況

(1)平成29年1月以降の1年間の地価について、全国平均では、住宅地の平均変動率が10年ぶりに上昇に転じた。商業地は3年連続の上昇、工業地は2年連続の上昇、全用途平均は3年連続の上昇となった。
(2)三大都市圏(東京圏、大阪圏、名古屋圏)では、住宅地、商業地及び工業地のいずれにおいても各圏域で上昇した。地方圏では、全ての用途で下落幅の縮小傾向が継続し、商業地及び工業地は26年ぶりに上昇に転じ、全用途平均も下落を脱し、横ばいに転じた。
(3)都道府県地価調査(7月1日時点の調査)との共通地点で半年ごとの地価動向をみると、全国平均では、住宅地は前半後半ともに0.5%上昇し、商業地は前半1.5%、後半1.8%上昇した。
(4)三大都市圏では、住宅地で5割弱、商業地で8割弱の地点が上昇しているが、地方四市(札幌市、仙台市、広島市、福岡市)を除く地方圏では、住宅地、商業地ともに上昇地点や横ばい地点は増加しているものの、依然として約6割の地点が下落している。


平成30年地価公示結果の概要について(PDF形式  245 キロバイト)
平成30年地価公示のあらまし(PDF形式  959 キロバイト)
公示価格一覧表(PDF形式  166 キロバイト)
公示価格一覧表(一部略字等使用)(Excel形式  127 キロバイト)