このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の農林水産業の中の【魚沼】農作業中のクマ出没に注意
本文はここから

【魚沼】農作業中のクマ出没に注意

2017年09月19日
今年は各地で例年以上にクマによる人身被害が多発してます。

農作業に当たっては、クマとの不意の遭遇に十分ご注意下さい。

クマの出没を防ぐためには

(1) 農作業を行う際に注意すべき事項

・作業中にラジオなど音の出るものを携帯するなど、自分の存在をアピールすること。

・クマ類の出没情報に留意し、クマ類の行動が活発になる早朝、夕方の作業時には、周囲に気を付けること。

・森林、斜面林などのそばの農地は、クマ類の出没ルートとなりやすいので特に注意し、周囲の灌木の刈り払いなどを行うこと。

・頻繁にクマ類が出没する地域においては、できるだけ単独での作業は避けること。

(2) 誘引物の除去

・クマ類を誘引する生ゴミや野菜・果実の廃棄残さ等を適切に処理すること。

・農地では果樹園が最も被害を受けやすいところであり、収穫後の放置果実は適切に除去すること。

・クマ類は、収穫物収納庫に入り込んで採食することもあるため、収納庫はきちんと施錠するなど管理を徹底すること。

・草刈機などに使われるガソリンなどの揮発性物質も、クマ類の誘引物となるため、保管場所等に注意すること。

もしも、クマに遭遇してしまったら

(近くにクマがいることに気がついた場合)

・落ち着いて、クマに背を向けずに、ゆっくりとその場から離れましょう。

・クマを驚かすので、大声を出したり、走って逃げるのはやめましょう。



(農林水産省作成リーフレット「クマにご注意ください!」より)