このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の農林水産業の中の【魚沼】平成29年度出前講座「田んぼの水はどこから来るの?」ツアー実施報告
本文はここから

【魚沼】平成29年度出前講座「田んぼの水はどこから来るの?」ツアー実施報告

2017年07月24日

6月15日 小出小学校「田んぼの水はどこからくるの?」ツアーを開催

魚沼市立小出小学校4年生の皆さん(58名)から「田んぼの水はどこから来るの?」ツアーに参加していただきました。小出地域の田んぼの水が佐梨川から農業水利施設によって運ばれていることの理解を深めてもらうため、①小出郷第1号頭首工、②円形分水工を見学してもらいました。

まず小出郷第1号頭首工では、川をせきとめて1秒間に約3.4m3(学校のプールを約2分でいっぱいにする量)の農業用水を取水していること、その用水を利用している田んぼは約760haであることなどを説明しました。
取水量の説明にあたって、1m3とはどのくらいであるかを実感してもらうため、1m3の空間をつくり、そこに児童が何人入るか実験しました。すると、児童24人が入りました。
頭首工は川をせき止めるため、魚の通り道である魚道をつくり、生態系に配慮していることも説明しました。実際に頭首工の管理橋に降りて、間近で取水施設および付帯施設の魚道を見学してもらいました。

次に、円形分水工では、小出郷第1号頭首工で取水した水を小出支線用水路と伊米ヶ崎支線用水路に分けていること、その流量は1秒間に約1.5m3(学校のプールを約4分でいっぱいにする量)であること、分水の割合は地域の受益面積割合によって小出地域:伊米ヶ崎地域=6:4(0.9m3/s:0.6m3/s)にしていること、分水量は円形水路の面積の大きさで正確に分けられていること、水が沸き上がるのはサイフォンの原理を利用していることなどを説明しました。

出前講座後に記入してもらったアンケートには、「頭首工と円形分水工の役割がわかった」など、農業水利施設の理解を深めてもらうことができました。また、アンケートと一緒に児童全員からお礼の手紙をいただき、非常に励みになりました。

小出小学校の先生と4年生の児童のみなさん、ありがとうございました。
小出郷第1号頭首工の管理橋から取水施設と魚道を見てもらいました
取水量1m3の大きさを実感してもらいました

小出郷第1号頭首工の管理橋から取水施設と魚道を見てもらいました

取水量1m3の大きさを実感してもらいました

円形分水工で用水を分けるしくみを見てもらいました
質疑応答の時間では活発な発言をしてもらいました

円形分水工で用水を分けるしくみを見てもらいました

質疑応答の時間では活発な発言をしてもらいました

9月8日 伊米ヶ崎小学校「田んぼの水はどこからくるの?」ツアーを開催

魚沼農業振興部と魚沼市土地改良区は魚沼市立伊米ヶ崎小学校5年生の児童(22名)を対象に「田んぼの水はどこから来るの?」ツアーを開催しました。
このツアーは、魚沼地域の豊かな田んぼを支えている農業用水利施設の役割を知ってもらうとともに、水難事故防止の啓発を目的としています。

小学生を対象に毎年開催している恒例のツアーであり、今回は①小出郷第1号頭首工、②円形分水工、③伊米ヶ崎地区ファームポンドを見学しました。
上流の頭首工から下流のファームポンドへと見学し、最後に給水栓から水が出てくる様子を確認することで、農業用水がどのように田んぼへと運ばれているのか、理解してもらえたのではないかと思います。
また、頭首工はただ水を取るだけではなく魚道が設けられていることや、田んぼは様々な生物のすみかとしての役割があることなどを説明しました。一方で水路などに転落すると非常に危険であるため普段は近づかないように注意喚起しました。

アンケート結果から約7割の児童は家庭で農業をされていましたが、見学した頭首工や円形分水工の役割について以前から知っていた児童はひとりもいませんでした。
児童たちからは、「これまで田んぼの水は近くの川から直接取っていると思っていたが、見学を通して様々な施設を通って流れてきているということを初めて知りました」といった感想をいただきました。農業用水利施設の役割と水難事故の怖さについて良く理解してもらえたようです。

今回の出前講座が、今後の魚沼地域の農業農村整備への理解に繋れば幸いです。
①小出郷第1号頭首工「伊米ヶ崎の田んぼの水は主にここから取っています」
②円形分水工「取り込んだ水は、ここで伊米ヶ崎地域と小出地域に分配されます」

①小出郷第1号頭首工「伊米ヶ崎の田んぼの水は主にここから取っています」

②円形分水工「取り込んだ水は、ここで伊米ヶ崎地域と小出地域に分配されます」

③伊米ヶ崎地区ファームポンド「水を一度貯めて、ここから田んぼに配ります」
④「給水栓をひねると水が出てきます」

③伊米ヶ崎地区ファームポンド「水を一度貯めて、ここから田んぼに配ります」

④「給水栓をひねると水が出てきます」