このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の農林水産業の中の【魚沼】用排水路やため池での水難事故防止のためのお願い
本文はここから

【魚沼】用排水路やため池での水難事故防止のためのお願い

2018年04月03日
 県では、4月20日から5月20日までの1か月間を農業用の水路やため池の「水難事故防止強化期間」と定め、不注意による事故が起きないよう、安全対策を推進しています。
 これからの時期、農作業で水をたくさん使うので、用水路やため池はとても危険です。誤って転落すると大きな事故になることもあります。
 痛ましい事故を防ぐため、子どもたちが近くで遊ばないよう、また不用意に近づかないよう、地域の皆様からもお声がけをお願いします。
 また、大雨・台風などで増水する時や、子どもたちが夏休みの時期にも、お声がけをお願いします。

用排水路やため池に不用意に近づかないで

魚沼市内の用排水路とため池
特に春先は水量が多くて危険なので、不用意に近づかないでください。


水難事故防止啓発ポスター

平成30年度のポスター

平成29年度のポスター

平成29年度魚沼市内の安全対策の実施箇所

水難事故防止に向けて、平成29年度魚沼市内では農業用水路の安全対策事業を実施しました。
左の写真が安全対策実施前の農業用水路、右の写真が安全対策実施後の農業用水路です。
転落防止のために安全柵を設置しました。

溺れている人を見つけたら

・溺れている人を助けようとしてむやみに水路やため池に飛び込まず、まず大声を出して近くにいる人に協力を呼びかけましょう
・近くに棒やロープ、浮き輪などがあれば投げ入れましょう
・消防(119番)に通報しましょう