このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の観光・イベントの中の【魚沼】[魚沼の風景]広神ダムへ行ってみませんか
本文はここから

【魚沼】[魚沼の風景]広神ダムへ行ってみませんか

2018年08月14日

     現在、新潟県土木部で管理しているダムは19基あります。
     そのうち魚沼市には、「広神(ひろかみ)ダム」と「破間川(あぶるまがわ)ダム」の2基があります。
     今回は、旧広神村にある「広神(ひろかみ)ダム」をご紹介します。
    上流側のダム(平成30年6月2日撮影)

    晴れの日にドライブ

    現在の周辺案内図と広神ダムの建設前の様子を示す看板がありました

    駐車場と管理所

     清流破間川を渡って国道252号へ入り、その後国道352号に入って、しばらく進むと、広神ダム発見!

     と思ったら、すぐに小平尾(おびろう)トンネルに入ります。
     そして、トンネルを抜けると左側に広神ダムの管理所と展望公園が見えてきました。
     早速、展望公園に車をとめ、ダムの方へ歩いていくと、ダム湖が眼下に広がります。

    ダムカードがもらえます

    入口の掲示

    ダムカード

     雄大なダム湖の景色にしばらく見とれていると、なにやら観光客らしき方が管理所の方へ向かっていきます。私もつられて行ってみると、なんと、ダムカードがもらえるとのこと!
     平日9時30分から15時30分にもらうことができます。また、休日に訪れた場合は、ダムを撮影した写真等を、平日の8時30分から17時15分までの間に、魚沼地域振興局地域整備部に持っていくとダムカードがもらえます。

    「広神ダム」

     広神ダムは、平成23年に完成したダムで、治水、利水の役割を担っています。
     堤高80.5メートル、堤頂長225.0メートルの重力式コンクリートダムで放流ゲートが存在せず、洪水吐から自然に水が流れることが特徴です。
     実際に目にするとダム湖の広さや堤体の大きさに迫力を感じます。

    上流側のダム(平成30年6月2日撮影)

    ダム堤体の上から

    ダム堤体から下流側の画像

    和田川が流れています

    堤体より望む景色

     管理所から堤体の上までは道がつながっており、ダムの下流側を望むことができます。その眺めは約80メートルの高さを感じ、若干足がすくんでしまいます。
     しかし、ダム堤体からはとても眺めが良く、緑が映え自然を感じることができます。
     秋には、紅葉も美しいので、お勧めです。

     広神ダムの位置は「うおぬまダム周遊マップ」よりご覧下さい。

    【レポーターから】
     今回は、「広神ダム」をご紹介しました。
     テレビや写真では見たことがあっても、実際に行ってみるとダムの大きさに迫力を感じます。また、ダムまでの道中の景色も綺麗でドライブコースに適していると思いました。
     皆様も是非、広神ダムへ足を運んで自然を感じてみてください。
     また、熱中症に十分注意してください。
      
       地域整備部 斎藤

     「魚沼の風景」は、魚沼市内に勤務する県職員が、日々の業務や暮らしの中で見つけた、魚沼のイベント、特産物、観光地など魚沼の魅力をレポートするものです。なお、掲載内容については正確を期するよう努めておりますが、限られた時間での取材であるため、不十分な点がある場合もありますので、ご容赦下さい。