このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の自然・環境の中の【魚沼】〔魚沼の風景〕魚沼の山野草を探そう(初秋編)
本文はここから

【魚沼】〔魚沼の風景〕魚沼の山野草を探そう(初秋編)

2010年10月01日

     暑かった夏が終わり、魚沼に秋がやってきました。これから山は色づき、気持ちのいい季節を迎えます。
     今回は、2010年7月にも(魚沼の風景)で紹介したコース(目黒邸から須原スキー場の頂上を目指して山道をドライブ)で、「初秋」の山野草を探してきました。
     (写真は、須原スキー場の頂上にある須原高原公園からの景色です。)
    須原スキー場の頂上にある須原高原公園からの景色

    スキー場の頂上へ行くまでに見つけた初秋の山野草を紹介します。

     右の写真は、本州中部より北の日本海側に多く見られる「ケハギ」です。花は紅紫色で、8~11月に咲きます。

    ケハギ

    ケハギ

     右の写真は、「ヤマノイモのムカゴ」です。ムカゴは、9~10月に葉の脇に着く芽の一種です。ホクホクした食感で、ゆでたり甘辛く煮たり、ご飯と一緒に炊き込んで食べることができます。

    ムカゴは地面に落ちると根を出し、繁殖に使われます

    ムカゴは地面に落ちると根を出し、繁殖に使われます

     右の写真は、オミナエシ(女郎花)の仲間「オトコエシ(男郎花)」です。オミナエシよりもやや大きいことから、その名前がつけられたともいわれています。
     日当たりの良い山野によく見られる、高さ0.6~1mの宿根草で、その根は漢方薬に使われています。

    オミナエシ(女郎花)の仲間「オトコエシ(男郎花)」

    オミナエシ(女郎花)の仲間「オトコエシ(男郎花)」

     右の写真は、ランの仲間「ミヤマウズラ」です。8~9月に、5~10個の淡紅色の花を穂状に咲かせます。
     今回見つけたミヤマウズラは、花が10個以上付いている立派なものでしたが、残念ながら開花の時期はすでに終わっていました。

    ランの仲間「ミヤマウズラ」です。見事な花を写真におさめることができず、残念でした。

    ランの仲間「ミヤマウズラ」です。見事な花を写真におさめることができず、残念でした。

     右の写真は、日当たりの良いところによく見られる「ヤクシソウ」です。開花の時期は8~11月までと期間が長く、秋が深まる中で、可憐な花を見せてくれます。
     つぼみの間は上を向いていますが、開花が終わるとうつむいてしまうそうです。

    日当たりのよいところによく見られる「ヤクシソウ」

    日当たりのよいところによく見られる「ヤクシソウ」

    特徴的な花を咲かせる植物

     右の写真は、ランの仲間「ネジバナ」です。日当たりの良い草地や芝生によく見られる植物で、小さな花をらせん状に付けます。
     ひとつひとつの花は、ピンクと白の可憐なランの形をしています。らせんの形状は、右巻きもあれば左巻きもあるそうです。

    ランの仲間「ネジバナ」です

    ランの仲間「ネジバナ」です

     下の写真は、花の形が特徴的な「キバナアキギリ」です。花の上部先端から赤紫色の糸のようなものが飛び出しているのがわかりますか?これは、めしべの一部だそうです。面白い形をしていますね。
    花の形が特徴的な「キバナアキギリ」です。糸のようなものは、めしべの一部
    糸のようなものは、めしべの一部

    花の形が特徴的な「キバナアキギリ」です。

    糸のようなものは、めしべの一部

     右の写真は、ホウセンカの仲間「ツリフネソウ」です。半日陰の湿ったところに生えています。花の形が特徴的で、釣り船に似ていることからこの名前がつけられたともいわれています。
     熟した果実に触ると、種がはじけ飛びます。

    ホウセンカの仲間「ツリフネソウ」です。釣り船に見えますか?

    ホウセンカの仲間「ツリフネソウ」です。釣り船に見えますか?

    スキー場の頂上には…(番外編)

     須原スキー場の頂上付近では、飼料用のトウモロコシが栽培されています。
     一面のトウモロコシ畑が青空に映え、爽やかな秋の景色を彩っていました。
    須原スキー場頂上付近のトウモロコシ畑
    9月末で収穫が終わりました

    須原スキー場頂上付近のトウモロコシ畑

    9月末で収穫が終わりました

     須原スキー場頂上付近には、スイレンの仲間「ヒツジグサ」が一面に生える沼がありました。

    ヒツジグサ

    ヒツジグサ

     右の写真では、車の往来が少ない道路に、カマキリもゆったりと横断していました。今年はどこに卵を産むのでしょうか…?

    車の往来が少ない道路に、カマキリがいました。

    車の往来が少ない道路に、カマキリがいました。


    【レポーターより】

     今年の夏の暑さは、秋の爽やかさを際立たせてくれます。
     今回の取材コースは、6月に訪ねてから2回目でしたが、山の景色がすっかり変わっていました。
     これから紅葉の季節を迎えます。山の風景の中にはいろいろな発見がありますので、カメラやスケッチブックを片手に出かけてみてはいかがでしょうか。

     魚沼地域振興局農業振興部 椛澤

    「魚沼の風景」は、魚沼市内に勤務する県職員が、日々の業務や暮らしの中で見つけた、魚沼のイベント、特産物、観光地など魚沼の魅力をレポートするものです。なお、掲載内容については正確を期するよう努めておりますが、限られた時間での取材であるため、不十分な点がある場合もありますが、ご容赦下さい。