このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の消費・食・生活情報の中の【魚沼】[魚沼の風景]冬におすすめ!雪中貯蔵庫「ゆきくら」を見学しよう~越後ゆきくら館~
本文はここから

【魚沼】[魚沼の風景]冬におすすめ!雪中貯蔵庫「ゆきくら」を見学しよう~越後ゆきくら館~

2009年01月01日

    あけましておめでとうございます。いよいよ2009年がスタートしました!冬本番のこの時期、スキーやスノーボードなどのウインタースポーツで汗を流したり、雪景色を見ながら温泉につかってのんびりしたりと、いろいろな楽しみ方があると思いますが、日本酒好きの方にとっては、熱燗の一杯が恋しくなる季節ではないでしょうか。新潟県は言わずと知れた日本酒王国ですが、ここ魚沼市でもおいしいお酒がたくさんつくられています。そこで今回は、県内外から多くの観光客が訪れている、魚沼市須原にある酒蔵・越後ゆきくら館をご紹介します。ここ越後ゆきくら館は、大吟醸を醸造後すぐに雪蔵に貯蔵している全国で唯一見学できる酒蔵です。(写真は、越後ゆきくら館の全景です。)

    雪中貯蔵庫「ゆきくら」って何?

    雪中貯蔵という言葉を聞いたことはありますか?日本屈指の豪雪地帯である魚沼市須原地域は、毎年2m近くの雪が降ります。ここ越後ゆきくら館では、その雪を利用して、一年中雪の中(ゆきくら)で大吟醸を貯蔵しています。「ゆきくら」に積もった雪に特殊なシートをかけて、雪を大切に保存しますが、その重さは一番積雪が多い時期でなんと500トン!真夏の8月でも半分近く残っています。その雪が1年間かけてゆっくり溶け、雪がなくなる11月頃には再び新しい雪が積もります。このサイクルを繰り返して年間を通して大吟醸を低温熟成させるという仕組みです。雪の中で貯蔵することで、一定の温度と湿度を保つことができ、お酒にとって良い環境が保たれます。この施設では平成元年から雪中貯蔵を行っています。                   

    冬の越後ゆきくら館の全景。それにしてもすごい雪ですね・・・。

    冬の越後ゆきくら館の全景。それにしてもすごい雪ですね・・・。

    ゆきくらを上から見た状態。ここに積もった雪の上にシートをかけると下の写真のようになります。

    ゆきくらを上から見た状態。ここに積もった雪の上にシートをかけると下の写真のようになります。

    写真左手のシートの下に多くの雪が大切に保存されています。

    写真左手のシートの下に多くの雪が大切に保存されています。

    施設の中を見学します

    越後ゆきくら館の見学はガイドさんの案内付きです(一人からでもOK)。見学コースは、雪中貯蔵庫「ゆきくら」→造り蔵→土蔵→売店(ゆきくら館)で、所要時間は約20~30分です。見学は無料です。施設の平面図は下の図のようになっています。

    まずは雪中貯蔵庫「ゆきくら」の見学です。ガイドさんの案内で階段を下り、ゆきくらの中へ。中は常に5~6℃を保っているのでちょっと肌寒い感じがします。貯蔵庫の中には昨年度につくられた720ml瓶のお酒が約2,500本貯蔵されていました。

    階段を下って「ゆきくら」の中へ。

    階段を下って「ゆきくら」の中へ。

    雪中貯蔵庫です。お酒がいっぱい!

    雪中貯蔵庫です。お酒がいっぱい!

    造り蔵・土蔵の中へ

    ゆきくらの雪中貯蔵庫を見た後は、実際にお酒を造っている酒蔵工場(造り蔵)を見学します。中に入るとお酒のいい香りが漂ってきます。酒の仕込みは10月~3月末に行われ、午前中は米を蒸す作業を行い、午後は翌日の仕込みの作業を行うそうです。実際に機械を動かしている様子が見られるので、酒蔵見学は冬が一番おすすめだそうです。

    写真左側の銀色の箱が「せいろ」です。ここにお米を入れます。実際に機械を動かして作業しているところを見学できます!(この時は残念ながら休憩中でした。)

    写真左側の銀色の箱が「せいろ」です。ここにお米を入れます。実際に機械を動かして作業しているところを見学できます!(この時は残念ながら休憩中でした。)

    次に土蔵に向かいます。この土蔵は、江戸時代に酒造りを行っていた越後の豪農・目黒邸から大正元年に移築されたもので、100年以上の歴史を持つ古い建物です。土壁を雪から守るための板張りの壁がそのまま復元されており、雪国の風情を醸し出しています。ここでは、梅酒等リキュール関係のお酒がタンクに貯蔵されています。

    大きな青いタンクが並んでいます。

    大きな青いタンクが並んでいます。

    土蔵の天井。歴史を感じますね。

    土蔵の天井。歴史を感じますね。

    最後は試飲&試食です!

    見学コースの締めくくりは、併設されている売店でのお酒の試飲です。雪中貯蔵の大吟醸はもちろんのこと、常時10種類のお酒を試飲できます。お酒以外にも、酒ケーキや酒まんじゅうの試食もできます。お気に入りの味をぜひおみやげにどうぞ!

    10種類のお酒がずらり!どれからいこうか迷います・・・。

    10種類のお酒がずらり!どれからいこうか迷います・・・。

    こちらで販売しているお酒の一部です。日本一のアルコール度を誇る秘伝のリキュールや、シャンパンのような味わいで女性に人気のお酒があります。

    こちらで販売しているお酒の一部です。日本一のアルコール度を誇る秘伝のリキュールや、シャンパンのような味わいで女性に人気のお酒があります。


    越後ゆきくら館は県内外から年間6万人もの観光客が訪れるそうです。また、越後ゆきくら館から徒歩3分の所に、国の指定重要文化財「目黒邸」があります。時間があったらぜひそちらも見学してみてください。雪中貯蔵ってなに?ここでつくっているお酒はどんな味?と興味をもった方、ここでは書ききれないのでぜひ魚沼の越後ゆきくら館へお越しください!

    魚沼地域振興局地域整備部 小塚