このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の市町村・地域振興の中の【魚沼】[魚沼の風景]冬も魚沼!『スノーシュー』で楽しく体力づくり!
本文はここから

【魚沼】[魚沼の風景]冬も魚沼!『スノーシュー』で楽しく体力づくり!

2008年03月03日

    家で育てている花のつぼみもふくらみ始め、少しずつではありますが春の気配を感じられる季節になりました。ここ魚沼でも、雪深い冬の季節がようやく落ち着きを見せはじめようとしています。待ちに待った春の訪れの声が、そこかしこから聞かれてくるのももう間近です。
    魚沼と言えば、美味しいお米(コシヒカリ)に、美味しいお酒、といったイメージと同時に、豪雪地帯、スキー場といったように雪深い里山を連想される方も多いのではないでしょうか?まさに越後魚沼の代名詞ともいうべきこの「雪」は、冬の魚沼を楽しむためには外すことのできない、とても大切なものです。

    スキーにスノボ、スケート、スノーモービル・・冬を楽しむスポーツにはさまざまなものがありますが、今回ご紹介する『スノーシュー』はここ魚沼の里山を楽しむためにはまさにもってこいのスポーツだと言えます。
    新潟県立浅草山麓エコ・ミュージアムではこの季節、魚沼自然学「スノーシュー講座」を開催しています。お子様から大人まで、気の合う仲間を誘い合い、冬の魚沼を楽しみにぜひお越しください。
    「スノーシュー講座」のコース上、鷹待山の山頂から眺めた浅草岳

    新潟県立浅草山麓エコ・ミュージアムでは

    新潟県立浅草山麓エコ・ミュージアムは、魚沼市入広瀬地区に設立された新潟県立の環境学習施設です。
    ここエコミュージアムでは、フライフィッシング講座や、カヌー講座、満月の森ナイトウォーク(夜の自然観察)、みんなで作ろう「エコ!クッキング」・・といったようなさまざまな自然体験活動を提供しています。
    このような活動の一つに、魚沼自然学「スノーシュー講座」があります。毎年1月から3月までの期間、スノーシュー(洋式かんじき)を履いて、雪の里山を歩く、自然体験講座を毎週末開催しています(要予約です)。
    普段とは全く異なる視線の高さから望むことができるその雪山の景色は、まさに今この時期でしか経験することのできない格別な風景です。

    スノーシューを履いて、トレッキングに出発です!

    『スノーシュー』とは

    それではスノーシューとは、一体どのようなものなのでしょうか。簡単に説明させていただくと、雪原を簡単にしかも、とても楽に歩くことができる雪上歩行具(西洋式のかんじき)のことを言います。
    雪上の歩行具としてはこの他にも、クロスカントリースキー、テレマークスキーなどといったものもあります。しかし、クロスカントリースキーは、坂を上り下りする際に少し苦労する部分がありますし、テレマークスキーでは、雪上を思うように歩き回れるようになるまで、ある程度の練習と技術が必要になってきます。
    また、この他にも和式のかんじきなども雪上を歩く歩行具として知られています。しかし、この和式のかんじきもスノーシューと比べるとかんじきが踵に固定されている分、雪がついた足を持ち上げる際にかなりの負荷がかかってしまいます。また、比較的装着に手間がかかり、外れやすいとゆう特徴もあります。
    (これでは行動範囲が狭まってしまい、せっかくのトレッキングを思いきり楽しむことができませんね。)
    その点、スノーシューは普通なら膝上までうまってしまうような深雪の上でも、何の技術も練習も必要とせず、なおかつ労力もかけずに、トコトコと自由自在に歩くことが可能なのです。お子様からお年を召した方々まで、幅広い世代で楽しむことができるスポーツ(雪遊び)なのです。

    この足跡はどんな動物の足跡かな?「スノーシュー」講座説明風景。

    スノーシュー講座の体験内容

    スノーシュー講座では、魚沼の里山をトレッキングしながら、「魚沼の自然について」「里山の動植物達について」「雪エネルギーや自然環境について」といった内容を学んでいきます。その学習内容は幅広いものになっています。
    ウサギの足跡が迷走しているのはなぜなのか?キツネの足跡が二重になっている訳は?キツネタヌキの足跡からみられる両者の性格の違いは?と言ったようなちょっとした動物達の不思議を探ってみるのも楽しいものです。春を待つ植物の様子、動物達の生活跡を観察してみてはいかがでしょうか。
    この季節、雪のある時期でしか行くことのできない場所(川辺など)へも散策に行くことが可能です。このような体験ができてしまうのもスノーシューの魅力の一つです。
    また、運が良い時にはトレッキング中に、カモシカや、キツネ、ウサギなどの動物達、赤ゲラといった珍しい野鳥などにも遭遇できることができます。どんな事が待ち受けているのか、楽しみですね。

    雪で沢が埋まり、道がなだらかになっているので、いろんな場所に行けてしまいます。

    スノーシュー講座は、スノーシューを初めて経験される方でも楽しく参加できる内容になっています。
    この講座には、子供達に楽しく自然環境を学んもらいたい学校団体の方、夏場の登山経験はあるのだけれども雪山も挑戦してみたい方、スノーシューを始めてみたい方・・いろんな目的を持った方々が参加しています。どうぞ気軽な気持ちで参加してみてください。
    講座に関する詳しい内容は新潟県立浅草山麓エコ・ミュージアムまでお願いします。
    スノーシューを楽しんだ後には、あたたかい温泉に、美味しご飯のはしごを・・こんなプランもお勧めです!

    あっ、ウサギです!ひょっとしたら遭遇できるかもしれません。


    レポーターから

    この季節は、どうしても外に出るのがおっくうになってしまうのもだと常々我が身をふり返り感じます。
    スノーシューで楽しく遊び、そして学ぶ、なおかつ運動不足も解消してしまうなんて、スノーシューって良いものですね。

    中越家畜保健衛生所 湯本