このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の市町村・地域振興の中の[魚沼の風景]豊かな自然の中で、子供達いきいき!浅草山麓エコミュージアム
本文はここから

[魚沼の風景]豊かな自然の中で、子供達いきいき!浅草山麓エコミュージアム

2006年05月01日

    魚沼市にある浅草山麓エコミュージアムでは、自然ゲームや動植物観察、トレッキングなどの各種環境学習プログラムが行われており、子供から大人まで楽しめます。森が教室、自然が先生。エコミュージアムで感動体験をしてみませんか!(写真は「ジュニアレンジャーキャンプ」の1コマ)

    もうすぐ新緑の季節を迎えます・・エコミュージアム施設をご案内

    エコミュージアムは越後三山只見国定公園の中、浅草山麓にあります。様々な動物や昆虫、鳥類、植物などが観察できる「エコフィールド」と、見る・聴く・触る・嗅ぐなどの五感を働かせて自然を感じられる展示室や研究室がある「エコセンター」からなる、緑豊かなネイチャー施設です。

    平成17年春の入広瀬の様子。施設の周辺にもカタクリの花が。

    エコフィールド内の歩道は段差のないチップ(木片)舗装がされています。
    エコセンターではフィールド内の動植物・自然環境について分かりやすく展示解説を行っています。

    チップ歩道。水芭蕉の咲く湿原へと続きます。

    自然を見て聴いて触れて・・楽しく環境学習!

    エコミュージアムには152種の動物や昆虫、53種の鳥類、172種の植物などが観察できるそうです。自然観察には専門のネイチャーガイドさんが詳しく説明してくれます。
    天然記念物「ヤマネ」にも出会えるかもしれません。昨年10月の調査では2家族・10頭のヤマネが確認されたそうです。浅草山麓の自然環境の素晴らしさがうかがえますね。

    「ジュニアレンジャーキャンプ・ヤマネ特集」の様子。ガイドさんの説明に興味津々。

    浅草山麓にあるセンターは冬期間は閉館となりますが、環境学習のプログラムは年間を通じて開催されています。ブナ林や湿原など、魚沼の豊かな自然の中で素晴らしい感動を味わってみませんか。

    様々な環境学習プログラムが行われています。子供達も楽しそう。


    レポーターから

    エコミュージアムは自然とのふれあいを通じて、自然と環境の関わりについて、あらためて考えることができるところです。自然は恵みの宝庫、生きる力を私達に与えてくれます。ここを訪れた子供達は目を輝かせ、いきいきとした表情になるそうです。子供達にとっても「自然」は最高の贈り物なんでしょう。
    エコミュージアムについてのお問い合わせは「エコミュージアム事務局 025-798-4141」まで。

    魚沼地域振興局農業振興部 星野