このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の健康・医療・衛生の中の【魚沼】 感染症の発生動向について
本文はここから

【魚沼】 感染症の発生動向について

2018年10月25日

感染症の発生動向を調査し公表しています

  感染症発生動向調査は、感染症の発生状況を継続して把握、分析し、その結果を県民へ提供することにより、感染症の予防及びまん延防止を図ることを目的に行われている、「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」(感染症法)に基づく調査です。

  調査の対象となる感染症は、次のように区分されています。

  「全数把握感染症」・・・医師・獣医師に全数届出を求めるもの
  「定点把握感染症」・・・指定届出機関(定点医療機関)で診断された患者の報告を求めるもの

  魚沼保健所管内では、定点医療機関が1機関(インフルエンザは2機関)あり、毎週、定点医療機関から魚沼保健所に、定点把握感染症の診断数が報告されています。

届出基準や対象疾患など

「感染症情報(週報速報版)」について

  新潟県では、感染症発生動向調査の結果を、「新潟県感染症情報(週報速報版)」にまとめ、毎週ホームページ上でお知らせしています。
  このページからは、「今週のトピック」「定点報告」「全数報告データ」「保健所・疾患・施設種別 感染症集団発生等報告数」が御覧になれます。

  魚沼保健所管内の動向は、こちらで御覧になれます。

  また、新潟県保健環境科学研究所は、保健・環境行政の科学技術面での中核機関です。
  新たな感染症や地球温暖化など、県民の健康を守り、安全で快適な環境をつくるための調査研究、試験検査、情報の解析・提供、研修指導などを行っています。
  こちらのページからも、感染症の情報が御覧になれます。