このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の健康・医療・衛生の中の【魚沼】平成30年度感染症予防対策リーダー養成研修会を開催しています
本文はここから

【魚沼】平成30年度感染症予防対策リーダー養成研修会を開催しています

2018年10月25日
 管内の高齢者施設及び障害者施設等において感染症予防対策の中心として活動できるリーダーを養成することにより、施設における感染対策の見直し・充実を図り、施設内への感染症の持ち込み及び発生時の感染症の拡大を防止することを目的として、7月4日から全5回の予定で研修会を開催しています。

 受講者のみなさんからは、各回の研修会時に自施設の問題と改善のための行動目標を設定していただき、施設内の感染対策の見直し・充実のための取組を進めていただいています。

 通常、施設内の利用者の方がいきなり感染症を発症する可能性は低く、外出時の接触や職員・面会者の持込みなどが原因のひとつと考えられます。
 特に施設など多くの人が集まる場所は集団感染が起こりやすく、施設内だけの問題とはいえません。
 
 研修会で受講生のみなさんに学んでいただいたことを各施設で実践していただくことは、職員や面会者による媒介を防ぎ、魚沼地域全体としての感染症のまん延予防につながっています。

開催概要

研修日程及びプログラム(開催日前の内容は予定です)
  開催日 テーマ 内容
研修日程及びプログラム
第1回 平成30年7月4日(水曜日) 標準予防策①手指衛生 講義
演習(手洗い・手指消毒の実習)
個人ワーク(問題の抽出・行動目標の設定)
第2回 平成30年8月29日(水曜日) 標準予防策②個人防護具 講義
演習(マスク、エプロン、手袋の着脱)
個人ワーク(問題の抽出・行動目標の設定)
第3回 平成30年10月1日(月曜日) 感染性胃腸炎の予防 講義
演習(嘔吐物処理)
個人ワーク(問題の抽出・行動目標の設定)
第4回 平成30年11月28日(水曜日) インフルエンザの予防 講義
演習「施設内へのインフルエンザの持込みを防ぐために」
個人ワーク(問題の抽出・行動目標の設定)
第5回 平成31年1月24日(木曜日) 実践報告会 受講者による各施設における実践発表
会場 小出ボランティアセンター 1階多目的室
講師 魚沼基幹病院 医療安全管理室看護係長(感染管理認定看護師) 目崎 恵 氏
受講者 管内の社会福祉施設の介護・看護職員

研修会の様子

手洗いチェックの写真
個人防護具の着脱写真

【第1回】蛍光剤を配合したクリームを手に塗って正しい手順で手洗いを行った後、特殊なライトを当てて洗い残しの有無をチェックをしました

【第2回①】手袋、マスク、エプロンなど個人防護具の正しい着脱方法を確認しました

個人防護具の検討時の写真
疑似吐物の処理演習の写真

【第2回②】2つの事例(①オムツ交換の場面②入浴介助の場面)について、必要な個人防護具の種類と着脱順序をグループ毎に検討し発表しました

【第3回】感染性胃腸炎に関する講義と嘔吐物処理の演習を行いました

受講者向け講義資料及び課題資料ダウンロード

研修会で配布した講義資料や課題資料をダウンロードすることができます。
ダウンロード希望の方は、以下をクリックして下さい。
【第1回】標準予防策① 手指衛生(PDF形式  2314 キロバイト)
【第2回】標準予防策② 個人防護具(PDF形式  6372 キロバイト)
【第3回】感染性胃腸炎(PDF形式  247 キロバイト)
行動目標シート(Word形式  19 キロバイト)
実践報告書(Word形式  14 キロバイト)
実践報告会事前調査用紙(Word形式  17 キロバイト)
PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする