このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の健康・医療・衛生の中の【魚沼】水害時の衛生対策と消毒方法について
本文はここから

【魚沼】水害時の衛生対策と消毒方法について

2017年07月19日
水害被害を受けたみなさまへお見舞い申し上げます。
家屋等が浸水した場合、次のように衛生対策をして、健康被害が出ないようにしてください。

(対策の基本)

・水洗いや拭き取りにより、十分に汚れを取り除いてください。
・乾かしてから消毒してください。
・効果を発揮するためには、汚れのない状態、乾いた状態で消毒することが大切です。


(床下が浸水した場合)

・泥等を取り除いた後、水で流し、しっかり乾かしてください。
・床下の通風孔を塞ぐものがある時は取り除き、風通しを良くしてください。
・床板を外して、扇風機等で強制送風すると効果が高まります。
・しっかり乾いたら、消毒してください。


(床上に浸水した場合)

・水が引いた後、濡れた畳や家財を片付けます。
・汚れた家財や床・壁等は、水で流すか、雑巾で水拭きしてださい。
・食器類や調理器具等は、水洗いして、汚れをきれいに洗い流してください。
・しっかり乾いたら、消毒してください。

(消毒方法)

・消毒方法については、以下のページを参考にしてください。
・なお、消毒液や消石灰を使用する際には、長袖、長ズボン、ゴム手袋等を着用して、目や皮膚につかないように、また、口に入らないように気を付けてください。

泥だしや片付け等の作業をする際には、カビ(真菌)にもご注意ください。
高温多湿の環境によってカビが発生・増殖しやすくなります。
カビ(真菌)を吸い込むことにより、アレルギーや真菌感染症を引き起こすことがありますので、カビの発生を抑えるとともに、防護に努めてください。

また、取り除いて置いている泥等や、浄化槽の破損等にも注意が必要です。
詳しくは、以下のリンクからご確認ください。

食品営業施設のみなさまへ

営業再開する場合は、施設設備の清掃や食品の廃棄、食器類の洗浄消毒、使用水の点検、手洗い等、衛生管理に特に気を付けてください。
具体的な内容は、次のチラシをごらんください。
水害により被害を受けた食品営業施設のみなさまへ(PDF形式  190 キロバイト)
PDFファイルをご覧になるにあたって
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerのプラグイン(無償)が必要となります。お持ちでない場合は、お使いのパソコンの機種/スペックに合わせたプラグインをダウンロード、インストールしてください。 Get Adobe Reader Adobe Readerをダウンロードする