このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の自然・環境の中の【魚沼】野鳥の異常死を発見したらお知らせください
本文はここから

【魚沼】野鳥の異常死を発見したらお知らせください

2018年01月18日
魚沼市にお住まいの皆様へ。
 野鳥が死んでいたからといって、直ちに鳥インフルエンザの感染を疑う必要はありません。以下のことに注意し、冷静に対応してください。
平成30年1月17日時点で、新潟県内では野鳥の鳥インフルエンザは確認されていません。

野鳥は様々な原因で死亡します

野鳥が死んでしまう原因は様々です。多くの場合は、餌がなかったこと、障害物に激突したこと、他の動物に襲われたことなどが原因と考えられます。

死んでいる野鳥に直接さわらないようにしましょう

野鳥は鳥インフルエンザだけでなく、多くの細菌や寄生虫、ウイルスなどを持っています。野鳥の死体にさわる場合は、ゴム手袋等をし、なるべく素手でさわらないようにしてください。死体を処分する時は、ビニール袋に密封して指定袋に入れれば、可燃ゴミとして処分することが可能です。

なお、健康福祉部では、鳥インフルエンザが疑われる場合以外、死亡した野鳥の回収・処分はできませんのでご理解をお願いします。
道路上で野鳥が死亡している場合は道路管理者へご連絡ください。

万一野鳥の死体などに直接触れてしまった場合は、すぐに手洗いやうがいをしましょう。

高病原性鳥インフルエンザは通常の状況で人が感染することは極めて少ないといわれていますが、野鳥の死体などに触ってしまった場合はうがいや手洗いをしましょう。また、水辺などに立ち寄った際には、極力野鳥の糞などを踏まないよう注意しましょう。踏んでしまった場合は、靴底などを洗いましょう。

渡り鳥や猛禽類などが原因不明で死んでいた場合は連絡してください。

①新潟県では、野鳥の高病原性鳥インフルエンザが養鶏場のニワトリなどに感染することを防ぐため、死亡野鳥を回収してウイルス検査を実施しています。
②検査は環境省により選定された検査優先種1の野鳥を優先的に行っています。
③検査優先種は、感染しやすさ、発見しやすさ、海外や近縁種での感染例による予防的な意味合いにより選定されています。検査優先種1・検査優先種2・検査優先種3・その他の種に区分されています。
④現在(国内複数箇所発生時)は、下記の検査優先種1及び検査優先種2の野鳥について、重点的にウイルス検査を実施しています。

 死因が不明の野鳥の死体が見つかった場合、または、同じ場所で多くの野鳥が死んでいた場合は、県まで連絡してください。
 また、死んでいなくても首を傾けてふらついたり、首をのけぞらせて立っていられないような状態の野鳥を見つけた場合も連絡してください。
※検査優先種1・2の野鳥の写真は下記ファイルの17ページから御覧になれます。
野鳥における鳥インフルエンザの検査優先種一覧表
検査優先種1 検査優先種2 検査優先種3
カモ目 カモ科 ヒシクイ、マガン、シジュウカラガン、コクチョウ、コブハクチョウ、コハクチョウ、オオハクチョウ、オシドリ、ヒドリガモ、キンクロハジロ マガモ、オナガガモ、トモエガモ、ホシハジロ、スズガモ カルガモ、コガモ等(検査優先種1、2以外全種)
タカ目 タカ科 オオタカ オジロワシ、オオワシ、ノスリ、クマタカ トビ等(検査優先種1、2以外全種)
ハヤブサ目 ハヤブサ科 ハヤブサ   チョウゲンボウ等(検査優先種1、2以外全種)
カイツブリ目 カイツブリ科 カイツブリ、カンムリカイツブリ   ハジロカイツブリ等(検査優先種1、2以外全種)
ツル目 ツル科 マナヅル、ナベヅル   タンチョウ等(検査優先種1、2以外全種)
ツル目 クイナ科   オオバン  
チドリ目 カモメ科 ユリカモメ   ウミネコ、セグロカモメ等(検査優先種1、2以外全種)
フクロウ目 フクロウ科   フクロウ コミミズク等(検査優先種1、2以外全種)
カツオドリ目 ウ科     カワウ
ペリカン目 サギ科     アオサギ

連絡先

  ◎連絡先(魚沼市内の場合)
   新潟県魚沼地域振興局健康福祉部(魚沼保健所)
    衛生環境課 電話 025-792-8619

   又はお住まいの市の担当窓口
   魚沼市環境課環境対策室(小出庁舎) 電話 025-792-9766