このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の【魚沼】 アルコール健康障害、関連問題を予防しましょう
本文はここから

【魚沼】 アルコール健康障害、関連問題を予防しましょう


 平成26年6月1日にアルコール健康障害対策基本法が施行されました。この法律は、アルコール健康障害の理解と予防のための対策を推進し、安心して暮らすことのできる社会の実現に寄与することを目的としています。
 また、国民の間に広くアルコール関連問題に関する関心と理解を深めるため、11月10日から16日までをアルコール関連問題啓発週間と定めました。
 不適切な飲酒は健康を害することにつながり、本人の健康問題だけでなく、その家族への影響や社会問題につながる恐れがあります。
 年末年始は飲酒機会の多い季節です。公益社団法人アルコール健康医学協会が唱える「適正飲酒10か条」をぜひ頭において、健康的にお酒を楽しみましょう。
 ◎アルコール健康障害対策基本法を解説したリーフレットは、平成26年度に、内閣府、法務省、国税庁、文部科学省、厚生労働省、警察庁、国土交通省の連名により作成されました。

適度な飲酒量は、アルコール量20g/日

 アルコールの適量は一般的に成人男性の場合、1日に純アルコール量20g程度、いずれか一種類が適量です。女性や高齢者は20gより少量の飲酒が適量です。また、アルコールを解毒する役割のある肝臓は、週に1~2回の休肝日を作ることでその機能が回復すると言われています。
 1日の平均飲酒量が純アルコール量換算で約60g以上(例えば、ビール中ビン3本以上)の多量飲酒者では、健康への悪影響が出てきます。例えば、
 ① アルコールが通る消化器官の疾患
 ② 分解する肝臓の疾患
 ③ アルコール摂取に伴うカロリー増加から肥満、中性脂肪の上昇、痛風、糖尿病、高血圧など
 ④ 脳の萎縮が進行して、アルコール性認知症や小脳変性症など、です。
 節度ある適度の飲酒を心掛けましょう。
お酒の適量の目安

不眠解消のための寝酒はしない

 「眠れないときには、飲酒するとすぐ寝付かれる」と考えられがちです。
 入眠前に飲酒すると、すぐに眠りに付き熟睡状態に入ります。しかし、アルコールが体内で代謝されてくると、夢を見ることが多くなり、睡眠が浅くなり、朝早く目を覚ましやすくなるそうです。
 また、寝付きをよくするために少しだけ飲んでいたお酒は、徐々に身体に耐性ができてきて、酒量が増え、アルコール依存症の発症につながる可能性があります。
 「眠れるから」という理由で毎晩お酒を飲むのでしたら、かかりつけ医や専門医を受診して、睡眠薬を処方してもらってください。睡眠薬は医師の指示で正しく使えば安全です。

未成年に飲酒を勧めない、妊娠中は飲酒はしない

 未成年はアルコールの分解能力が未完成であるため、成人に比べて心身に大きな悪影響を受けてしまいます。脳の機能を低下させる、肝臓をはじめとする臓器に障害を起こすなどのほか、将来アルコール依存症になるリスクを高めます。

 妊娠中の飲酒は胎児の発達を遅らせ、奇形などにつながります。また、授乳中にお母さんが飲酒すると、母乳を通してて赤ちゃんにアルコールが運ばれてしまうことになります。妊娠中や授乳期は飲酒は止めましょう。

多量飲酒の方は医療機関へ相談しましょう

 アルコール依存症とは「社会生活に支障が出ているのに自分で飲酒をやめられない」病気です。
 「お酒を飲まずにはいられず、飲むとやめられない」という「心の症状」と、アルコールが切れると現れる「身体の症状」があります。
 身体の症状は飲酒すると止まるので、症状を止めるためにまた飲むという悪循環を繰り返します。
 アルコール依存症の主な特徴は次のようなものです。これらにひとつでもあてはまる場合は、精神科医療機関への相談をお勧めします。
 ① 飲み始めると適量でやめられず、泥酔するまで飲んでしまう。
 ② 常に酒のことが頭から離れず、飲酒してはいけない時間や場所でも飲んでしまう。
 ③ 休日などには朝から飲酒してしまう。
 ④ 自分が依存症であるとは思わない。
 ⑤ アルコールが切れると手や身体の震え、イライラ、発汗、不眠などの症状が出て、飲酒をすると止まる。

お酒に頼らない生き方を取り戻しましょう

 アルコール依存症の治療は早期治療と断酒の継続です。断酒を継続していくためには、入院または通院による指導や薬物療法(抗酒剤の使用)とともに、断酒を継続していく仲間が大切です。
 アルコール依存症に気づいた場合、患者さん本人に治療意欲があれば、まず専門病院への受診や、地域の断酒会やAA(アルコール・アノニマス=酒害者匿名会)へ参加しましょう。
  本人に治療意欲がない場合や本人が気づかない場合は、アルコールの飲み方に問題がありと気づいた人が、地域の保健所、断酒会、AA、アルコール専門クリニックや精神科病院などの窓口へ相談してください。(右欄参照※)

アルコール関連問題啓発週間(毎年11月10日~16日)

厚生労働省のアルコール健康障害対策ページへリンク
◎ポスターをクリックすると、厚生労働省の「アルコール健康障害対策」のページにつながります。

適正飲酒10か条

日本アルコール健康医学協会のページへリンク
◎画像をクリックすると、アルコール健康医学協会の「適正飲酒10か条」のページにつながります。

新潟県のページ


関連リンク


※相談先など