このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の【魚沼】 8月は食中毒予防月間です!
本文はここから

【魚沼】 8月は食中毒予防月間です!


8月は食中毒予防月間です。
食中毒は1年中発生しており年間を通して注意が必要ですが、高温多湿になる夏は、腸管出血性大腸菌O157などの細菌を原因とする食中毒が特に発生しやすく注意が必要です。
食中毒は家庭においても発生していますので、食品の取扱いに注意しましょう。
 食中毒を引き起こす原因には、「細菌」「ウイルス」「自然毒」などがあります。
 腸管出血性大腸菌(O157、O111など)などの「細菌」による食中毒は、5月から9月にかけての夏季に多く発生しています。これは、細菌が高温多湿を好み、梅雨から残暑のころにかけて、増殖が活発になるためです。
 気温が低く空気が乾燥する冬は、細菌による食中毒は減りますが、ノロウイルスなど、「ウイルス」による食中毒が発生しやすくなっています。
 「自然毒」は、きのこや毒草、フグなどが体内に持つ毒成分です。自然毒による食中毒は、細菌やウイルスによる食中毒ほど発生件数は多くありませんが、毎年発生しています。
食中毒は1年中発生する可能性があります。

  また、食中毒というと、レストランや旅館などの飲食店での食事が原因と思われがちですが、毎日食べている家庭の食事でも発生していますし、発生する危険性がたくさん潜んでいます。
  ただ、家庭での発生では症状が軽かったり、発症する人が1人や2人のことが多いことから風邪や寝冷えなどと思われがちで、食中毒とは気づかれず重症になったり、死亡する例もあります。
  あなたの食事作りをチェックしてみましょう!食中毒予防のポイントは6つです。

関連リンク

WEBコンテンツ<食中毒防止隊タベルマン>にリンク
 WEBコンテンツ<食中毒防止隊タベルマン>は、子供達が「食の安全、食品衛生の大切さ」を楽しく学べるように親しみやすいキャラクターが活躍するクイズゲームです。
 食中毒を防ぐ一番のポイントは手を洗うこと(菌をつけない)、食品・食材の低温保存(菌を増やさない)、十分な加熱調理(殺菌)です。これを食中毒予防の三原則と呼びますが、<タベルマン>ではこの三原則を学ぶことを目的にクイズを構成しています。クイズに答えていくことで、子供達は自然とこの三原則を学ぶことができます。
 上の画像をクリックすると、公益社団法人 日本食品衛生協会HPへ繋がります。