このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の建設・まちづくりの中の都市再生整備計画事業(従来のまちづくり交付金)
本文はここから

都市再生整備計画事業(従来のまちづくり交付金)

2018年04月01日

制度概要

 都市再生整備計画事業は、地域の歴史・文化・自然環境等の特性を活かした個性あふれるまちづくりを実施し、全国の都市の再生を効率的に推進することにより、地域住民の生活の質の向上と地域経済・社会の活性化を図るための制度です。
 平成16年度に「まちづくり交付金」として創設され、平成22年度からは社会資本整備総合交付金の基幹事業に「都市再生整備計画事業」として位置づけられています。
 平成24年度補正からは本事業が拡充(地方都市リノベーション事業の創設)され、地方都市の既成市街地において、既存ストックの有効利用及び民間活力の活用を図りつつ将来にわたって持続可能な都市とするために必要な都市機能(医療・福祉・子育て支援・教育文化・商業等)を整備することができるようになりました。
 さらに平成26年度からは、地方都市リノベーション事業について対象施設の追加等といった制度を拡充した都市再構築戦略事業が創設されました。ただし、事業の活用にあたっては、市町村において立地適正化計画を作成することが必要です。
都市再生整備計画事業イメージ
○詳しくはこちらをご覧ください。

新潟県内の実施地区(政令市を除く)

関連リンク