このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の建設・まちづくりの中の市街地再開発事業について
本文はここから

市街地再開発事業について

2019年04月01日

市街地再開発事業の目的

老朽化した木造家屋が密集するなど防災上危険な地区や、公共施設が十分に整備されていない地区において、不燃化された共同建築物への建て替えにより防災性を向上し、併せて街路や公園、広場などの公共施設やオープンスペースを確保することによって、快適で安全な都市環境を構築し、魅力あるまちづくりを推進することを目的とした事業です。

既成市街地内の合理的な土地利用の推進

細分化した敷地の集約化に併せて、街路や公園、広場など必要な公共施設整備を行い、土地の高度利用による有効活用を図ります。

市街地環境の改善

老朽化した木造家屋が密集した市街地の解消等による防災性の向上と街路や公園、広場、オープンスペース等による豊かな空間創出により既成市街地の環境を改善します。

都市の拠点性の向上、都市型住宅の供給

街なか居住に対応した優良な共同住宅の供給を図り、質の高い住宅ストックを確保します。

事業の仕組み

敷地を共同化し、高度利用することにより、公共施設用地を生み出します。
従前の権利者の権利は、原則として等価で新しい再開発ビルの床(権利床)に置き換えられます。
事業費には、国や市からの補助金と、高度利用によって、新たに生み出された床(保留床)の処分金収入に充てます。

施行者

1 市街地再開発組合
2 個人施行者
3 再開発会社
4 地方公共団体
5 都市再生機構、地方住宅供給公社等

補助の概要

補助対象

1 調査設計計画費
2 土地整備費
3 共同施設整備費

補助額

補助対象額×2/3(国1/3+地方公共団体1/3)以内

新潟県内の市街地再開発事業一覧

都市名 地区名 施行者 施行面積 事業期間
新潟市 新潟駅南口第一地区 2.4ha S55~S60
新潟市 新潟駅南口第二地区 組合 1.1ha H15~H22
新潟市 弁天町地区(A工区) 組合 0.3ha S49~S56
新潟市 新潟駅南口第四地区D3街区 組合 0.6ha H5~H8
新潟市 花園一丁目地区 組合 0.3ha H12~H15
新潟市 古町通7番町地区 組合 0.8ha H27~
長岡市 長岡駅前城内地区 組合 0.5ha S61~S63
長岡市 大手通中央西地区 個人 0.3ha H18~H22
長岡市 大手通中央東地区 組合 0.5ha H19~H23
長岡市 大手通表町西地区 組合 0.5ha H25~H28
長岡市 大手通坂之上町地区 UR 1.7ha H31~
三条市 昭栄地区(A街区) 1.5ha S59~S62
三条市 昭栄地区(B-1街区) 0.6ha S61~S62
柏崎市 柏崎東本町A地区 組合 1.2ha H9~H13
上越市 本町5丁目地区 会社 0.5ha H21~H25
妙高市 朝日町中央地区 組合 1.2ha H13~H20

大手通表町西地区(H28竣工)

新潟駅南口第二地区(H22竣工)

新潟市の市街地再開発事業はこちら[新潟市HP]

長岡市の市街地再開発事業はこちら[長岡市HP]