このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の統計・調査・監査の中の統計データハンドブック(平成30年度) 第14章 司法・災害
本文はここから

統計データハンドブック(平成30年度) 第14章 司法・災害

2018年12月07日
司法・火災・交通事故の概況

司法

 平成29年中の刑法犯の認知件数は12,757件(前年比9.8%減),検挙件数は6,034件(同1.9%減)となった。

火災

 平成29年中の出火件数は477件(前年比16.8%減),そのうち建物火災が341件(同13.5%減)で全火災の71.5%を占めた。り災世帯数は全損が99世帯(同47.9%減),半・小損が240世帯(同17.8%減)となった。また,死傷者数は死者が34人(同30.6%減),負傷者が94人(同31.9%減)となった。損害額は26億7,552万円(前年比18.0%増)となった。月別の出火件数は5月が69件と最も多く,原因別では,ストーブが41件,放火39件,こんろ35件などとなった。

交通事故

 平成29年の交通事故発生件数は4,304件(前年比8.3%減),死者数は85人(同20.6%減),負傷者数は5,130人(同8.0%減)となった。
 65歳以上の死傷者数は1,136人(同9.2%減),死者数は57人(同8.1%減)で,死者数全体の67.1%を占めている。

火災の原因(平成29年)

交通事故と自動車台数の推移

 
 
第14章 司法・災害(Excel形式  75 キロバイト)
14- 1 刑法犯認知件数・検挙件数・検挙率
14- 2 少年犯罪
14- 3 刑事事件
14- 4 自然災害発生状況
14- 5 水稲の被害
14- 6 火災発生状況
14- 7 交通事故発生状況