このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の統計・調査・監査の中の統計データハンドブック(平成30年度) 第11章 物価・家計
本文はここから

統計データハンドブック(平成30年度) 第11章 物価・家計

2018年12月07日
消費者物価・家計の概況

消費者物価

 平成29年平均の新潟市消費者物価指数は,平成27年を100とした総合指数で100.5となり,前年平均に比べ0.6%の上昇となった。これは,衣料やシャツ・セーター・下着類などの値下がりにより「被服及び履物」が2.6%下落したものの,他の光熱や電気代などの値上がりにより「光熱・水道」が3.4%,魚介類や酒類などの値上がりにより「食料」が0.7%とそれぞれ上昇したことが主な原因である。
 近年の総合指数の動きを前年比で見ると,平成26年は家賃が値下がりしたものの,魚介類や肉類などの食料や電気代が値上がりしたため,2.9%の上昇となった。平成27年はガソリンが値下がりしたものの,野菜・海藻や魚介類などの食料や宿泊料が値上がりしたため,0.6%の上昇となった。平成28年は野菜・海藻などが値上がりしたものの,電気やガス代などの光熱・水道やガソリンが値下がりしたため,0.1%の下落となった。

家計

 平成29年の新潟市における二人以上の世帯のうち勤労者世帯の実収入は,1世帯当たり1か月平均528,227円で,前年に比べ名目2.8%の増加,実質でも2.1%の増加となった。また,消費支出は1世帯当たり1か月平均320,084円で,前年に比べ名目6.7%の増加,実質でも6.0%の増加となった。

新潟市消費者物価指数の推移 (平成27年=100)

消費支出の構成比(平成29年) 新潟市二人以上世帯のうち勤労者世帯(1世帯1か月平均)

 
 
第11章 物価・家計(Excel形式  55 キロバイト)
11-1 新潟市消費者物価指数
11-2 主要品目年平均小売物価(新潟市)
11-3 1世帯当たり1か月間の収入と支出(新潟市)
11-4 1世帯当たり貯蓄・負債の現在高と保有率
11-5 1000世帯当たり主要耐久消費財の所有数量及び普及率