このページの先頭です メニューをとばして、このページの本文へ
新潟県ホーム の中の統計・調査・監査の中の統計データハンドブック(平成29年度) 第14章 司法・災害
本文はここから

統計データハンドブック(平成29年度) 第14章 司法・災害

2017年12月08日
司法・火災・交通事故の概況

司法

 平成28年中の刑法犯の認知件数は14,149件(前年比5.5%減),検挙件数は6,154件(同0.8%増)となった。

火災

 平成28年中の出火件数は573件(前年比0.9%減),そのうち建物火災が394件(同5.6%増)で全火災の68.8%を占めた。り災世帯数は全損が190世帯(同91.9%増),半・小損が292世帯(同22.2%増)となった。また,死傷者数は死者が49人(同58.1%増),負傷者が138人(同27.8%増)となった。損害額(糸魚川市大規模火災を除く)は22億6,648万円(前年比11.3%増)となった。月別の出火件数は4月が88件と最も多く,原因別では,放火,ストーブがともに48件,たき火37件などとなった。

交通事故

 平成28年の交通事故発生件数は4,694件(前年比12.2%減),死者数は107人(同10.3%増),負傷者数は5,575人(同13.9%減)となった。
 65歳以上の死傷者数は1,251人(同18.4%減),死者数は62人(同4.6%減)で,死者数全体の57.9%を占めている。

火災の原因(平成28年)

交通事故と自動車台数の推移

 
 
第14章 司法・災害(Excel形式  77 キロバイト)
14- 1 刑法犯認知件数・検挙件数・検挙率
14- 2 少年犯罪
14- 3 刑事事件
14- 4 自然災害発生状況
14- 5 水稲の被害
14- 6 火災発生状況
14- 7 交通事故発生状況